大切に思い合う老紳士と愛犬、英ドッグフードのCM映像に称賛の声も。

2013/07/14 09:13 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


言葉は通じなくとも、深い愛情を注げば飼い主にちゃんと返してくれるのが犬の良さ。そんな人間と犬の関係性が感じられる、ドッグフードブランド「シーザー」の英国版CMが今、評判になっている。

このCM映像は、YouTubeに5月31日付で公開された「Cesar: Love Them Back - 2013 Advert」(http://www.youtube.com/watch?v=yu9sWjnJFHU)。CMに登場するおじいさんと犬の設定などは明らかにされていないが、公式サイト上のCM説明で「犬と共有する関係は特別なもの」というコンセプトが書かれており、これに沿った映像として作られたようだ。

CMで描かれているのは、丘の上に住むおじいさんと、飼われているウエスト・ハイランド・ホワイトテリア犬の日常。朝の目覚め、気持ち良さそうにベランダへ姿を現したおじいさんの足元で、やって来た愛犬も気持ち良さそうに体を震わせる。その後、スーツに着替えたおじいさんと愛犬は外出。カフェでは隣に座って一緒に喉を潤し、再び歩きだして横断する道に差し掛かると、一緒に操られているかのように揃って首を右へ左へと向け、息の合った関係を見せる。

途中で花を買ったおじいさんと犬は、やがて墓地へ。入口でネクタイを締め直したおじいさんは、愛犬も気遣って首輪を正しい位置に直し、最愛の人が眠る墓の前へとやって来た。片膝をついて花を手向け、感慨にふける様子のおじいさんに対し、そばで見守っていた愛犬が励ますかのように、目の前にあったおじいさんの左手を舐めると、笑顔を取り戻したおじいさんは愛犬の頭を優しく撫でる。そして用事を済ませた彼らは家に戻り、おじいさんは自分の食事とシーザーのドッグフードを用意して、外に置かれたベンチで仲良くお腹を満たす、というのがCMの内容だ。

1度だけ愛犬の鼻息が聞かれる以外にセリフは無く、美しい音楽をバックに進んで行くこの1分のCM映像。淡々とした雰囲気の中にも、おじいさんと愛犬の深い関係性がよく描かれているだけに、コメント欄には「言葉がない」「甘くて心が揺さぶられるCM」など称賛する声が並び、多くの人が楽しんでいるようだ。なにか心に充足感を与えてくれる英国のCMを、皆さんもぜひ一度ご覧になってはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.