“両扉全開で列車発車”車内は、ロシア地下鉄で起きたトラブルの映像。

2013/06/23 13:55 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、ロシアの地下鉄で、車両のドアが両側とも全開のまま走り出すという一件が起きた。このとき、車内にいた乗客の一人がその様子を撮影。その場に居合わせた人たちの反応もわかる動画をYouTubeに公開している。

ロシア紙コムソモリスカヤ・プラウダや英紙デイリー・メールなどによると、話題の動画は6月8日付で投稿されたもの(http://www.youtube.com/watch?v=RqCA00o-0y8)。投稿者のアレクセイ・ワクロフさんの話では、撮影したのはサンクトペテルブルグ市内を走る地下鉄車内で、「ラッシュ時ではない」(ロシア放送局NTVより)時間帯に起きた出来事だという。

動画は、市内の地下鉄駅に停車しているシーンからスタート。このときすでにホームと反対側のドアも開いており、乗客は何か異常が起きていると気付いていたようだ。そして、車両内にいる5人程度の乗客たちが揃って外のほうを気にしていると、地下鉄は発車アナウンスの後、ドアを閉めることなく走り出してしまった。

もちろん、これは安全管理面における鉄道会社の責任が問われる重大な問題。しかし、珍しい状況下に置かれた乗客たちには、危険を感じるというよりは、好奇心が湧いてしまったようだ。駅を離れて暗いトンネルの中を走り出すと、ドアのほうへと歩き出し、少し顔を出して車外を覗いてみる女性たち。その一方で、一緒にいた彼を座席へ強引に座らせようとしている女性の姿も見える。

鉄道会社によると、動画のシーンは運転士にドアが開いているサインが伝わらなかった車両トラブルも重なって発生したと説明。動画が撮影された後、すぐに乗客たちを降ろして対処をしたという。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.