精巧なラピュタのロボット兵、ジブリ世界観再現する「想造ガレリア」。

2013/06/13 10:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンダイは6月13日、スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵を立体化した「『想造ガレリア』天空の城ラピュタ ロボット兵」の予約受付を、公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」(http://p-bandai.jp/)で開始した。価格は3,360円(税込み・送料別)で、準備数に達し次第終了。商品の発送は10月下旬を予定している。

この商品は、ジブリ作品の独特の世界観を、精巧なデスクトップモデルで再現する新シリーズ「想造ガレリア」の第1弾。5月13日よりカウントダウンサイトで“スタジオジブリの何か”を発売すると、ジワジワと情報を開示してきたアイテムで、ちょうど1か月が経った6月13日にその全容が判明、詳細が公開され、受注開始となった。

その特長は、鑑賞する角度を限定せず、さらに作品世界の奥深さを感じさせる、細部にまで施された独自のディテールにある。ラピュタの紋章をアレンジしたデザインが施された背中や、各所にリベットが配されるなど、より昇華したデザインアレンジがロボット兵のリアリティあふれる存在感を演出。また、頭部と左肩部、左手首には可動箇所が設けられており、視線の移動や腕部の角度を調整することで表情づけが可能だ。

さらに「天空の城」を構成する巨石をモチーフとした台座が付属。台座はLEDを内蔵しており、ロボット兵の腕部と脚部が触れている部分の巨石が発光する。発光時には、巨石の内部に掘り込まれたラピュタの中核の紋様が浮かび上がる仕様というこだわりようだ。

なお、6月13日〜16日(※うち一般公開は15日、16日)に東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2013」での展示が予定されており、実際にそのディテールを確認可能。会場では商品展示のほか、作中に登場する飛行石をモチーフとしたUSBフライヤーを数量限定で配布する。

また、ウェブページ上でも、商品の360度view画像を公開しており、商品のディテールの細かな部分まで見ることができる。「あのラストの後どうなったんだろう?」「描かれなかったあのシーンに何かドラマがあったのでは?」といったスタジオジブリの名作が持つ“余白”に想像をめぐらせる、楽しい時を提供する――。そんな「想造ガレリア」シリーズの今後にも注目しておきたいところだ。

サイズは横幅約130ミリ×高さ約85ミリ。販売ルートは「プレミアムバンダイ」のほか、どんぐり共和国一部店舗店頭、三鷹の森ジブリ美術館。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.