グソクムシの巨大ぬいぐるみ、沼津港深海水族館で販売スタート。

2013/06/10 14:34 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


沼津港深海水族館は6月15日から、ダイオウグソクムシの巨大ぬいぐるみの販売を開始する。価格は5,800円。通販・予約はなく、深海水族館でのみの販売となる。

ダイオウグソクムシは超大型の等脚類(ダンゴムシやフナムシの仲間)で、深海の底で動物の死骸などを食べる“海の掃除屋”と呼ばれる生物。国内では新江ノ島水族館や名古屋港水族館などで飼育され、先日は絶食を続けていた鳥羽水族館の個体“No.9”が死に、ニコニコ生放送では6月13日に追悼番組が放送される(http://live.nicovideo.jp/watch/lv140531859)など、一部に絶大な人気を誇っている。

そんなダイオウグソクムシを立体化したこの巨大ぬいぐるみ。沼津港深海水族館が公開した写真では、大人の手のひらよりもはるかに大きなサイズで、幅は約55センチと、圧倒的な存在感を示している。

また、同館の公式ブログでは「こんなリアルなぬいぐるみ、今までなかったんですよ!!」「細かいところも表現できているし かなりイイ感じだと思います」とつづるなど、その完成度の高さは水族館職員のお墨付きだ。

ダイオウグソクムシファンはたまらないこの巨大ぬいぐるみ。沼津港深海水族館を訪れた際には要チェックのアイテムとなりそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.