佐々木希がエンケンとゴロリ、「クーリッシュ」新CMでホッと一息。

2013/05/01 03:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の遠藤憲一(51歳)と、女優・モデルの佐々木希(25歳)が、発売10周年を迎えたロッテアイスの「クーリッシュ」テレビCMに起用され、5月3日より「オフィス」篇が全国で放送されることがわかった。また、4月29日から、遠藤が“人生初”の会社員として1日お仕事体験をする「クーリッシュで週休3日!?」がスペシャルサイト(http://lotte-coolish.jp/syukyu3/)で配信されている。

CMは、ある会社のオフィスが舞台。佐々木演じる1人の女性社員が仕事中にも関わらず、オフィスでゴロゴロしながらクーリッシュを食べている。それを見た遠藤演じる部長が、厳しい表情で「佐々木くん!」と注意する……と思ったら、「エスプレッソ!」と満面の笑みで新フレーバーを紹介。最後には2人並んでオフィスにゴロリと転がって、クーリッシュでホッと一息つく、というストーリーだ。

今回のCMでは、“のんびりとリラックスしたOL”のイメージに合う佐々木とギャップが大きく、いかにもクーリッシュを食べてなさそうで、「食っていて何が悪い?」と開き直ってくれそうな俳優――とのイメージから、遠藤をキャスティング。しかし、そんな遠藤は「実は俺、ほんとにクーリッシュ好きなんです」と撮影現場で告白、予想外の言葉にスタッフ一同驚いたという。

ちなみに、撮影をしていた2月某日、2月が誕生日だった佐々木に、撮影終了時バースデーケーキをサプライズでプレゼント。「おめでとう!」という歓声とともにロウソクの火を吹き消し、撮影の最後を締めくくるなど、現場は温かなムードに包まれていたそうだ。

なお、クーリッシュ10周年にちなみ、2人にとっての“10年間”についてたずねたところ、佐々木は「地元秋田にいるときは、ゆきだるまを作ったり、活発な子どもでした。上京して、色んなお仕事を体験し、充実した10年でした」とコメント。一方の遠藤は「10年前は極道っぽい映画に出演することが多かったので、今回のCMにある、2人で寝転がってクーリッシュを食べるシーンは、これまでの役者生活の中で一番可愛らしいシーンかもしれません!」と嬉しそうに語った。


☆WEBムービー「クーリッシュで週休3日!?」とは

クーリッシュの隠れた購買層であるビジネスマンの共感獲得を狙い、「週休3日」は欲しいというインサイトを突いた「本当の」ドキュメンタリ―ムービー。依頼人に代わって、1日真剣に働く遠藤の奮闘ぶりを映像化した。

今回遠藤が訪れたのは東京都大田区にあるハマ冷機工業株式会社。朝礼から始まり、掃除、デスク業務、商材のメンテナンスなど、普段依頼人がやっている本当のお仕事を体験してもらったという。遠藤が必死に働く一方で、依頼人はクーリッシュを食べながら休暇を満喫している、というストーリーになっている。

俳優業以外は約30年ぶりに働くという遠藤は、撮影にあたり「パソコンも使えないので、本当に1から学ぶことになります」と緊張の面持ち。過去に俳優業以外では、アルバイトとしてデパートの社員食堂で働いていたそうだ。

オフィスでは、見積書の再チェックとパンフレットのコピーを任された遠藤。電卓を片手に見積書チェックの計算を進めるが、電卓の「足す」ボタンを押したかどうかを忘れてしまい、「押したというサインは出ないのですか?」と先輩社員に質問する場面が見られた。また、何度計算しても数字が合わずに四苦八苦することも。しかし、代理でお仕事に来ているという責任感と、持ち前の丁寧な性格で、最後まで挫折することなく正確な数字が合うまでやり遂げた。

そして、コピー機の扱いも不慣れな遠藤は、「FAXモードになっていたためにコピーができない!」「紙切れでコピーができない!」など、思わぬトラブルに遭遇。そうしたトラブルも優しい同僚達の細やかなサポートを受けて、何とか業務を完了した。

この「クーリッシュで週休3日!?」キャンペーンは今後も継続を予定。第2弾、第3弾の仕事先も検討中とのことだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.