“白雪姫の井戸”4歳の願い叶う、お父さん大好きな少女にサプライズ。

2013/04/16 17:33 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年3月、米カリフォルニア州のディズニーランドへ、母と弟の3人で訪れた4歳の女の子。彼女はアフガニスタンへ派遣された大好きな父とずっと会えず、寂しさのあまり母の腕の中で涙を流す日々を過ごしていたという。そんなときにやって来たのが、祈れば願いが通じるという“願いの井戸”。そこで白雪姫に誘われ、迷わず父との再会をお願いした彼女に起きた嬉しいサプライズを収めた動画が、いま評判になっているようだ。

米紙ニューヨーク・デイリーニュースや米放送局KTLAによると、話題を呼んでいるのは、3月19日付でYouTubeに公開された「A Military Reunion Surprise at Snow White's Wishing Well for Alyssa & Liam at Disneyland.」(http://www.youtube.com/watch?v=5i5qfV86yRQ)。投稿者の女性ジェニファー・ブラウンさんの娘で4歳のアリッサちゃんが、ディズニーランドにある“願いの井戸”の前に立ったときの様子を撮影したものだ。

母ジェニファーさんによれば、寝る前には父スコットさんと2人だけの「特別なルーティン」を楽しむ時間があるほど、大のパパっ子だというアリッサちゃん。しかし7か月前からアフガニスタンに出向いた海兵隊員の父は、メールでのやり取り以外は数か月に1度しかスカイプでの交流ができないほど忙しく、顔を見ることもできない状況が続く彼女は母に甘えて泣くばかりの毎日となり、夜は父との写真を抱きながら眠る日もあるという。

そうした中で迎えた3月中旬、両親に娘を喜ばせる絶好の機会が訪れた。現地で襲撃を受け負傷したスコットさんは、回復した後、一時的に米国へ帰国できることになり、夫婦は悲しみ続ける娘を喜ばせたいと考えた。するとディズニーランドで働いている友人が“願いの井戸”を利用したサプライズのアイデアを提案し、協力を約束。そして父が帰国した翌日の3月19日、母はアリッサちゃんと1歳の弟を連れ、3人でディズニーランドに出かけたそうだ。

そのサプライズを実行したときの様子を収めたのが、今回話題になっている動画。白雪姫に手を引かれて井戸の前にやって来たアリッサちゃんは、手で目を隠すと迷わず「パパに帰って来て欲しい」と繰り返す。そして目を開けた直後――自分の目の前には、ずっと会いたいと願っていた父の姿。すぐに走りだしたアリッサちゃんは嬉しそうに父と抱き合いながらも、戸惑っているような表情も浮かべているが、ジェニファーさんによると、その後ずっと父から離れず「パパに会えなくて寂しかった」と頻繁に話しかけていたという。

嬉しい再会から約1か月、父にピッタリとくっつき、一緒の時間を楽しんでいるというアリッサちゃん。しかし間もなく、父は職務復帰のために再び米国を離れる予定で、母は娘に「どう2度目の別れを切り出すか」悩んでいるという。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.