キッズ向けAndroidタブレット、昨年米国でヒットの端末が日本上陸。

2013/04/10 15:09 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本トイザらスは4月26日、国内初となるAndroid搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」の販売を始める。価格は14,999円(税込み)。それに先駆け、トイザらス、ベビーザらス店舗およびオンラインストアの特設ページ(http://www.toysrus.co.jp/f/meep/)では、先行予約受付を開始した。

「MEEP!」はインターネット(Wi-Fi対応)、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどが楽しめる、子どものために開発された本格的なタブレット。昨年12年9月に米国で発売され、発売後2〜3か月で25万台以上の販売数を記録したヒット商品だ。その後、瞬く間に世界中に広がり、現在では日本を含め世界15の国と地域で展開されている。

その特徴は、子どもの安心安全なインターネット環境を実現するペアレンタルコントロール機能。保護者はご自分のパソコンやタブレット、スマートフォンなどから、「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、子どものインターネットやアプリなどの使用制限、使用履歴、使用時間などを、細部にわたり管理することができる。

また、子ども向けのコンテンツを豊富に取り揃え、アングリーバードやUNOといった人気ゲームや、子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」のブラウザーアプリなど、約50種類の楽しいコンテンツをあらかじめインストール。

さらに子ども向けアプリを揃える「MEEP!ストア」では、無料アプリに加えて、あらかじめ保護者が購入した仮想通貨を使用して有料アプリをダウンロードできるほか、「Google Play」からも子ども向けアプリやコンテンツをダウンロード可能だ。

なお、子どもがアプリやコンテンツをダウンロードするには、保護者の承認を必要とする条件設定ができる。

搭載された7インチのスクリーンに、タブレットでは初となるzForce技術による最新タッチスクリーンを採用。指はもちろん、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作ができる。また、使用環境にあわせてスクリーンを自動的に最適化し、太陽光の下でも見やすく調整。本体は、子どもがしっかりと握りやすいデザインに仕上げ、万が一、落としたりぶつけたりした場合でも衝撃から守れるよう、丈夫なシリコン製カバーで保護されている。

今回の発表に伴い、トイザラス アジア・パシフィックのモニカ・メルツ社長は「グローバルな玩具とベビー用品のオーソリティとして、当社は、国内初となる本格的なキッズ向けタブレットをご紹介できることを大変嬉しく思います。『MEEP!』は、大人が使用しているタブレットと同様の機能や技術を多く搭載しながら、持ちやすいデザイン、年齢に適したコンテンツ、さらに、ご両親がお子様の手から取り上げることなくセキュリティ設定できる高度な制御機能など、お子様のために特別に設計されたタブレットです。この革新的なアイテムは、お子様、そしてご両親に、多くの驚きや感動をもたらすことでしょう」とコメントを寄せている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.