“飲酒運転”戦車が電柱に衝突、妙な動き&間抜けな事故に市民苦笑。

2013/04/09 11:45 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロシアの首都モスクワから南東へ約200キロほど、リャザンという街で先日起きた事故の動画が話題を呼んでいる。登場するのは、一般道の交差点に進入してきた戦車の一団。さぞ規律正しく通り過ぎていくのかと思いきや、先頭を走る戦車は異様な動きを繰り返した末に、電柱へ激突する事故を起こしてしまい、見ていた市民が苦笑するほどお粗末な失態を演じてしまった。

英紙デイリー・ミラーやメトロによると、この動画は3月30日付でYouTubeに投稿された「bmd vs lamppost」(http://www.youtube.com/watch?v=TZGZAwIpsqc)。“BMD”はロシアの「空挺戦闘車」で、軍の養成学校も置かれているリャザンでは、訓練中のBMDが一般道へ出てくるケースが日常的にあるという。

映像に表示されている日時から、投稿したロシア人男性が問題の事故に出くわしたのは、3月28日午後3時40分頃のこと。T字路の交差点付近で、男性の車は軍の関係者に制止されて停車した。その直後、男性の車載カメラは画面右方向から現れる戦車の隊列を映しだし、同様に停められた多くの車のドライバーが見守る中、一団は交差点へと進入していく。

ところが順調に走っていた先頭の戦車が、なぜか交差点中央に差し掛かったときに急停止。その異様さに気付いた男性が車載カメラの向きを合わせると、さらに戦車は急発進したかと思えば、再び急停止といった妙な動きを繰り返す。向きをほとんど変えていないため、T字路のつきあたり近くまで進んでいた戦車だったが、そこから再び勢いよく加速し始めると、戦車はすぐ先にあった電柱へ前から激突。「カン」という乾いた音が響き渡り、あまりに情けない様子に同乗していた女性が笑い声を漏らしている。

この失態を映したこの動画は、男性が投稿して間もなく英メディアを中心に注目されて話題に。現地の情報によれば、戦車を操縦していた兵士は「酔っぱらっていた」そうで、今回の事故を受けて「軍法会議にかけられている」という。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.