世界最難関の縦列駐車に成功、英兄弟が“最も狭い”記録のギネス認定。

2013/04/04 16:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日頃車に乗る人でも、苦手という人も少なくない縦列駐車。コツを掴めないと、何度ハンドルを切って調整しても、なかなかきれいに車を決められたスペースへ持って行けずに苦労するものだ。しかし世の中には当然上手な人もいるもので、英国のある兄弟は昨年12月、テレビ番組の企画で狭いスペースに縦列駐車をズバッと決める挑戦を実施。2人揃って、前後の車に対して「車間13.1センチ」の余裕しかないスペースに停めることに成功し、ギネス世界記録に認定された。

英紙メトロやニュースサイトのディス・イズ・グロスターシャーなどによると、“最も狭い縦列駐車”の世界新記録を達成したのは、英南西部の街グロスターに住む33歳のアラステア・モファットさんと、31歳のジョンさん兄弟。お互い8歳のときから数々のモータースポーツに慣れ親しみ、現在カースタントのインストラクターをしているという2人は、昨年12月、英放送局BBCの新しい子ども番組で放送される企画の1つとして、今回の記録に挑んだ。

そのときの様子は、ギネス・ワールド・レコーズ社が3月22日付でYouTubeに公開した動画「Tightest Parallel Park Record Broken TWICE - Guinness World Records」(http://www.youtube.com/watch?v=7rBAwFD2EvQ)で紹介。ルールは、予め用意された2台の車の間に設けられたスペースへ、20分以内に停めたら成功というものだ。もちろんスペースからはみ出したり、停まっている車に接触したらアウト。これまでの世界記録は、昨年6月にドイツ人男性が達成した“14センチ”だった。

予めギリギリの隙間分しか用意されていないスペースに、普通の縦列駐車を行うのはまず無理。そのため記録を達成するには、勢いよく前から突っ込んで、ブレーキの反動でスピンさせながらスペースへねじ込むように停めるのがコツのようだ。こうして先に成功させたのは、弟のジョンさん。失敗を繰り返しながらも、「車間13.1センチ」の余裕しかないスペースへの駐車に成功させ、世界新記録を達成した。

そして弟の成功を見守った兄アラステアさんも続けて挑戦。兄の面目と「常に競い合ってきた」弟の成功というプレッシャーにも負けず、彼もまた数度の挑戦を経て同じ記録を達成し、2人揃って記録員から認定証を渡された。ただ、記録達成の瞬間は「驚いた」と素直に喜ぶ弟に対し、兄は「一緒に達成したのは素晴らしい」としながらも「でも、これからずっと、ジョンが最初に達成したと思い続けることになるんだ」とやや悔しげな様子。お互いに対する競争心を絶やさず、これからも切磋琢磨して技術を磨いて欲しいところだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.