ひょうから“泳いで”愛車守る、車の屋根でひたすら手足バタバタ。

2013/03/25 15:26 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、突然ひょうが降り始めたアルゼンチンの街中で撮影された、ある男性の行動が注目を集めている。

その動画は2月24日付けでYouTubeに投稿された「Granizo fuerte en Mar del Plata - Hombre que nada arriba de su auto.(Original) 」(http://www.youtube.com/watch?v=wKbCXeP0t1g)。投稿したのは、アルゼンチンで俳優や映画監督として活躍している男性で、ブエノスアイレス州マル・デル・プラタという街で撮影されたものだ。

アパートの内部と思われる撮影場所の外は、激しくひょうが降りしきる悪天候。その中で、カメラは路上に停められた乗用車の屋根に乗り、平泳ぎをするように手足を動かす1人の男性へと向けられる。かなり激しくひょうが降る中、「愛車の屋根は俺が守る!」と言わんばかりに絶えず体を動かし続ける男性。しかもTシャツに短パン姿の彼には、降りしきるひょうが数多く体にあたり、相当痛いはずだ。

それでも自分の体より車が大事そうな男性は、腕をワイパーのように動かしてひたすら防御。ただ、ガードできているのは屋根の部分だけで、フロントガラスやトランク部分に何かひょう対策を施している様子はない。動画は1分あまりで終了し、その間男性はひたすら同じように動いているだけだが、車や男性の身にひょうの被害があったかどうかは不明だ。

英国や豪州の一部メディアが“面白い映像”として紹介した影響もあって、この動画は90万回超(3月24日現在)の再生回数を記録。「なぜガレージに入れないのか」「シートで守ろうとはしないんだ」「車の上で泳げば防げるの?」など、男性の行動を不思議に思った人が多いようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.