スリル満点“廃ビル”でスキー、元プロならではの華麗な滑走披露。

2013/03/17 11:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


スキーやスノーボードをするなら、広々としたゲレンデに行って爽快に滑りを楽しみたい人は多いだろう。しかし何でも上達していくと、「普段とは違ったところを攻めてみたい」という気持ちが芽生えてくるのかもしれない。米国の元プロボーダーの男性は、競技の世界から離れたいま、改めてスキーを楽しんでみようと、友人らと廃ビルの屋内外に雪を敷いた“特設ゲレンデ”を製作した。そして、元プロならではの華麗な滑りを収めた動画を撮影し、YouTubeで公開している。

この動画は、2月11日付で投稿された「Amazing Ski Stunt Five Floors Of Fury」(http://www.youtube.com/watch?v=epE21bTXNhA)。登場するのはアラスカ出身の元プロボーダー、ロガン・インラックさんだ。1987年4月生まれの25歳とまだ若い彼だが、昨年初め頃に負ったひざの大けがが原因で、プロ生活に別れを告げたという。

ただ、未だ小さい頃から慣れ親しんだスキーやスノーボードに「多くの情熱を持っている」と話すのは、彼の友人であるマット・ワイルドさん。今まで勝負のために滑って来たインラックさんだが、今度はワイルドさんら親しい友人らと「楽しむために滑ろう」と話していたそうで、「昔から温めていたアイデア」を実現した今回のビデオ撮影もその一環だ。

動画の中でスキー板を持ったインラックさんが向かうのは、廃墟と化した5階建てのビルの中。雪が積もる屋上へと出て板を履いた彼は、屋内に向かって滑走をはじめ、階段などに敷き詰められた雪のコースを素晴らしいテクニックで滑り降りていく。実は、もともと建物内に多くの雪が吹き込んでいたそうで、コースは作ったというよりも、余計な雪を取り除いて整備するほうに時間がかかったそうだ。

狭い通路を的確に滑ったかと思えば、窓から飛び出して華麗なジャンプも披露するあたりは、さすが元プロといったところ。雪の上だけでなく、そそり立つ壁すらもコースに活用してしまうシーンなど、随所に“魅せる滑り”が収められている。素人には真似ができない芸当ではあるが、彼の遊び心満載なこの映像を見たら、スキーをしたくなる人も少なくないかもしれない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.