5億ドルヒットのアニメに続編、黄色い謎の生物“ミニオン”が活躍。

2013/03/11 11:35 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニバーサル/イルミネーションのアトラクション3D代表作「怪盗グルーの月泥棒」の続編、「Despicable Me 2」のタイトルと公開時期が決定した。タイトルは「怪盗グルーのミニオン危機一発」。怪盗グルーと孤児3姉妹とミニオンたちのファンタジー・アドベンチャーは、9月に全国公開となる。

前作はユニバーサル/イルミネーション作品の中でもとりわけ人気が高かった本作。ミニオンを筆頭に愛くるしいキャラクターが縦横無尽にスクリーンを飛び出す、ユニバーサルスタジオらしいアトラクション感抜群の3Dとストーリー、そして、日本語吹替えキャストに笑福亭鶴瓶、芦田愛菜を迎えたことも話題を呼んだ。

全世界では興収5億ドルを超え、アニメ史上歴代10位に入る大ヒットを記録。国内外のファンからは新作を望む声が多数寄せられていた。

今回の続編「怪盗グルーのミニオン危機一発」は、怪盗グルーが月泥棒の偉業を成し遂げ、孤児3姉妹の父親となり、平和な日々がある出来事で一変する様子から物語はスタート。ある日、シベリアの秘密研究所が研究所ごと何者かに奪われ、それと時を同じくして怪盗グルーの最強の仲間、バナナが大好物の謎の黄色い生物ミニオンたちが彼の家から何者かに連れ去られてしまう。いったい誰が、何の目的のために……? とのストーリーが描かれる。

さらにタイトル、公開時期発表にあわせて、ミニオンたちを全面に押し出したティザービジュアルと特報第1弾が解禁された(http://www.youtube.com/watch?v=CHjmCwX2Lq8)。チラシ裏面ではプロフィールや各キャラクターのビジュアルが明らかにされ、特報第1弾では1965年のビーチボーイズの大ヒット曲「バーバラ・アン」をバナナがモチーフの替え歌にして歌っているという、少しおバカで(?)可愛らしいミニオンの魅力が満載だ。

「怪盗グルーのミニオン危機一発」は9月、TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.