美しく蘇る「ピーター・パン」、セル付着のゴミやちりも“大掃除”。

2013/03/07 13:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1953年の劇場公開から60周年を迎えた名作「ピーター・パン」。この節目の年に、最新のデジタル修復技術により、HDクオリティの映像と音で蘇った初ブルーレイ化商品として、「ピーター・パン ダイヤモンド・コレクション ブルーレイ+DVDセット」が3月20日に発売される。価格は3,990円(税込み)。また、オンデマンドも同日配信。さらにシリーズ2作セットの「ピーター・パン&ピーター・パン2 2-Movie Collection」(ブルーレイ2枚組/6,090円)も同時発売される。

今回発売される「ピーター・パン ダイヤモンド・コレクション」は、60年前の公開当時のオリジナルネガフィルムから修復。温度・湿度が徹底管理された保管庫に眠っていたこのネガを、非常に高い解像度をもつ「4Kスキャン」という最新デジタル技術でキャプチャーすることにより、制作当時のエネルギーを放つ「ピーター・パン」の芸術性を、超高画質映像で初めて堪能できるようになった。

また、映像同様に重要なのが、音声の修復だ。今回、ウォルト・ディズニー・スタジオが保管していたオリジナルの磁気音声マスターが保管庫の奥から出され、フルレンジのオーディオミックスが可能になった。そして、今回新発売されるブルーレイのために特別音響効果を作り上げ、制作当時の臨場感溢れる音声を再現することにも成功している。

「制作当時のスタッフに十分な時間があれば、きっと修復していたはず」。そんな理念のもと、修復チームは変色したり、インクの線が消えてしまっているフレームやショットを修復するため、画面の細部に至るまで注意深くチェック。特にオリジナル版の撮影中、セルに付着したゴミやちりの“大掃除”が行われ、オリジナルセルの映像を、美しく高品質な映像で楽しむことができるようになった。ちなみに、修復チームが最終的に制作(修復)したカラーフレーム数は110,880にも及ぶという。

こうして完璧な状態に生まれ変わった「ピーター・パン」は、デジタルフィルムを基に、永久保存用の新しい35ミリ白黒フィルムと35ミリカラーフィルムのネガが作られ、現在、ウォルト・ディズニー・スタジオの保管庫で安全に保管されている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.