「パイレーツ」チームが再結集、デップの顔はまたも“白塗り”に。

2013/03/05 08:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェリー・ブラッカイマー製作、ゴア・ヴァービンスキー監督という「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作のゴールデンコンビが、ジョニー・デップと再びタッグを組んだ超大作「ローン・レンジャー」の日本公開が、8月2日に決定した。

「ローン・レンジャー」は、正義に燃えるヒーローのローン・レンジャー(アーミー・ハマー)と、復讐に燃える戦士・トント(ジョニー・デップ)、何もかも正反対な2人が聖なる力に導かれ、ハリウッド史上最も不釣り合いな“ヒーロー・デュオ”として巨悪に立ち向かう――というストーリー。

デップが挑むのは、復讐に燃える“悪霊ハンター”のトント役。解禁されたシーン画像からもわかるように、今度のデップの顔はまたも白塗り。さらには腰まである長い髪、頭の上にはカラスを乗せたデップらしい強烈なビジュアルで、スピリチュアルな力を持つミステリアスな戦士を演じている。

そしてトントが死の淵から甦らせた正義のヒーローを演じるアーミー・ハマーは、「ソーシャル・ネットワーク」や「J・エドガー」など大作出演が相次ぐハリウッド期待のホープ。また、義足に銃を仕込んだ勝気な女性レッド役を「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」のヘレナ・ボナム=カーターが演じることも話題を呼んでいる。

さらに、待望の予告編も解禁された(http://www.youtube.com/watch?v=XNa4uPAshXQ)。息をのむアクションシーンの数々、謎に満ちたストーリー展開、デップをはじめとする最高にコミカルでクールなキャラクターたちの掛け合いで、観る者を楽しませてくれる内容だ。

「ローン・レンジャー」は8月2日に全国公開。

☆「ローン・レンジャー」ストーリー

少年時代の忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、聖なる力によって瀕死の男ジョンを甦らせる。ジョンは法に基づく正義の執行を求め、復讐のために手段を選ばないトントと対立。だが、愛する者を奪われた時、彼は不思議な力を持つ白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として、トントと共に巨悪に立ち向かう。最後に世界を救うのは正義か?復讐か?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.