藤岡みなみが新バンドを結成、“日本のインド高円寺から”音楽発信。

2013/02/21 07:15 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


タレントの藤岡みなみ(24歳)が2月20日、新バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」の結成を発表した。すでに公式サイトも立ち上げ、現在、2曲のフル音源を公開(http://soundcloud.com/373-morones)している。

「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」は“中央線に乗ってきみの街へ! 日本のインド高円寺から、ちょっとおちゃめな3人組”というコンセプトのバンド。藤岡はボーカル&作詞担当で、ほかにモンドオルガン&作編曲宅録&漫画家担当のヒロヒロヤ、エレキギター&チェックシャツ&ロックンロール担当のネロの3人で構成されている。

公開されている音源は、スリーコードで駆け抜ける疾走ソング「スリーコードの大冒険」と、ハモンドオルガンの音色が染みるスローナンバー「色々」の2曲。バンド結成にあたり藤岡は公式ブログで「さっそくドドンと音源発表してるのでぜひぜひぜひ聴いてください〜!!」とアピールした。

藤岡は1988年生まれ、兵庫県出身。子役として活動後、一時の休止期間を経て、上智大学在学中に芸能活動を再開した。2009年4月から「キャンパスナイトフジ」(フジテレビ系)に出演したことをきっかけに注目を集め、同番組内で屈指の人気を誇るキャンパスナイターズに。2010年にはリクルートの「ポンパレ」CMにも出演し、NHK北海道の「ほっかいどう穴場ハンター」などに出演している。

音楽活動は2009年に世界初の人間1人&パンダ1頭による音楽ユニットPANDA 1/2(パンダ・にぶんのいち)を結成。インディーズ時代にCorneliusの名曲をカバーした「New Music Machin」や川本真琴の代表作「1/2」のカバーをリリースし、2010年8月25日に「上海は夜の6時」でメジャーデビューしたが、昨年12月31日をもって“脱退”、今後の動向が注目されていた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.