100個限定特別なチョコパイ、鎧塚俊彦氏監修の“ワイン香る”一品。

2013/01/21 13:53 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロッテは1月22日から、「Toshi Yoroizuka」オーナーシェフの鎧塚俊彦氏が監修した特別な「チョコパイスペシャリテ」を、ロッテオンラインショップ(http://lotte-shop.jp/)で予約受付する。予約申込者の中から抽選で100人のみに販売する100個限定商品で、受付期間は2月14日まで。

今回の「チョコパイスペシャリテ」は、チョコパイ30周年を記念した限定商品第2弾「クリームを楽しむチョコパイ」の発売に合わせ、特別限定商品として登場する“ワイン香る大人のチョコパイ”。ヨーロッパでは「チョコレートに合うデザートワイン」として有名な天然甘口ワイン「バニュルスリマージュ2010」をクリームに使用し、さらに、このワインに漬け込んだレーズンもクリームに使用、クリームにこだわったチョコパイに仕上げた。

監修を務めた鎧塚氏は「チョコパイは子どものころから親しんできたもので、30周年で新しくなったチョコパイのショコラ、スポンジ、クリームのバランスは絶妙です。この価格帯で日持ちがするのに、ケーキ屋さんで買うような生菓子感覚が、最大限にでていると思います」と、チョコパイへの想いをコメント。今回の監修の話が来たときには「皆さんが親しんでいるチョコパイの特長を最大限活かしつつ、『こんな美味しいチョコパイを作ったのか』と驚いていただけるように」考えたという。

そして「私は、食感というものを非常に大事にしています。ロッテさんが苦労され作られた『バニュルスリマージュ2010』を使ったクリームに、その風味をさらに出しながら、チョコパイのクリームのふわっとした食感に何かアクセントが必要だと思いました。そこで考えたのが、このワインをしみ込ませたレーズンを細かく刻んでクリームに入れることでした。レーズンの食感とそこにこのワインがしみ込んでいるので、直にワインの味がでています。レーズンは乾燥させたものなので、甘味やほのかな酸味、少しの苦みが凝縮されており、そこにさらにワインの旨みをしみ込ませているので、口の中でジュワっと味が広がります。チョコパイの特長のショコラと生地、そしてできる限り『バニュルスリマージュ2010』の味を出したクリーム、さらにこのワインが濃縮されたレーズンと、上品な味かつ私がこだわった食感も実現でき、私の自信作です」と語るなど、納得の商品に仕上がったようだ。

ちなみに、今回の「チョコパイスペシャリテ」を開発するきっかけとなったのは、昨年10月15日に実施したイベント「発売30周年記念チョコパイ30人の大試食会」に登壇した鎧塚氏の妻で女優の川島なお美や、同じく列席したソムリエのコメントだった。チョコパイに合うワインとして声が上がった「バニュルスリマージュ2010」を使って、クリームにこだわったスペシャルなチョコパイを作れないかと考え開発を進め、鎧塚氏にその品質の監修を依頼したところ、快く引き受けてもらえたことから、スペシャルなチョコパイが完成したという。

なお、1月21日から2月21日まで、「チョコパイ1個以上」もしくは「クリームを楽しむチョコパイ3個以上」の購入者を対象に、100個限定のプレゼントキャンペーン「鎧塚俊彦シェフ監修〜ワイン香る大人のチョコパイプレゼントキャンペーン〜」も開始する。詳しくは特設ページを参照(http://lotte-chocopie.com/wine/)。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.