2013年の「冬ドラマ」注目は? 本命は「JIN」「ベム」スタッフ新作。

2013/01/08 16:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


年が明けて間もないものの、1月6日にスタートしたNHK大河ドラマ「八重の桜」を皮切りに、続々と始まる2013年の冬ドラマ。果たして新年一発目の冬ドラマはどのような展開となるのだろうか。現在発売中の雑誌「日経エンタテインメント!2月号」(以下、日経エンタ)には、同誌編集部、テレビ証券、ナリナリドットコムによる毎クール恒例の予想企画「ドラマダービー 1月期連ドラ記念」が掲載されている。この冬の注目作・話題作はどの作品なのか、チェックしていこう。

今クールのダービー予想は、テレビ証券と日経エンタ編集部が内野聖陽主演の「とんび」(TBS系/日曜21時/1月13日スタート)に本命◎を打った。同作はプロデューサー、演出、脚本、さらに主演の内野も大ヒットドラマ「JIN-仁-」に携わった面々で、テレビ証券は「クオリティーとチームワークは盤石」と見ている。原作は直木賞作家・重松清氏の同名ベストセラーで、こちらも死角はない。

一方、ナリナリドットコムはTOKIOの長瀬智也が2年ぶりに主演する「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系/土曜21時/1月19日スタート)を本命◎に推した。「かまぼこ工場で働く越前さんが描く漫画から飛び出したはらちゃんが作者に恋をするラブストーリー」という先の読めないオリジナル作品で、亀梨和也主演で映画化もされた「妖怪人間ベム」のスタッフが手がける点も期待大だ。

対抗の○はテレビ証券とナリナリドットコムが、すでに初回が21.4%の好視聴率でスタートした大河ドラマ「八重の桜」に、日経エンタ編集部は瑛太×尾野真千子の「最高の離婚」(フジテレビ系/木曜22時/1月10日スタート)に印を打っている。

また、大穴▲の候補は、テレビ証券は“刑務所帰り”の上戸彩と飯島直子が人生再生を目指す「いつか陽のあたる場所で」(NHK/火曜22時/1月8日スタート)、ナリナリドットコムは年末に胃がんの手術をした雨上がり決死隊の宮迫博之も出演する、湊かなえ原作の「夜行観覧車」(TBS系/金曜22時/1月18日スタート)、日経エンタ編集部はフレンチシェフが戦国時代に――というマンガ原作のタイムスリップモノ「信長のシェフ」(テレビ朝日系/金曜23時15分/1月11日スタート)をそれぞれ挙げた。

全体的には、ヒット作のスタッフ陣が再集結した作品が目立つほか、ヒューマンドラマ系が多い印象の冬ドラマ。皆さんはどの作品を見る?

「日経エンタ!2月号」では2013年冬ドラマ特集のほか、「2013年をにぎわす女たち」と題し、注目の女性インタビュー&対談16連発を掲載。そのほかにも綾瀬はるかのインタビュー、秋元康×川村元気の新春特別対談などが掲載されている。詳細は本誌を参照。全国の書店・コンビニのほか、日経BP社の通販サイトからも購入できる(http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/ENT.html?trn)。

☆「ドラマダービー 1月期連ドラ記念」“出走”作品

月20「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」(TBS/佐々木蔵之介)
月21「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジ/剛力彩芽)
火21「ラストホープ」(フジ/相葉雅紀)
火22「いつか陽のあたる場所で」(NHK/上戸彩・飯島直子)
火22「サキ」(フジ/仲間由紀恵)
火23「書店員ミチルの身の上話」(NHK/戸田恵梨香)
水22「シェアハウスの恋人」(日テレ/水川あさみ)
木20「科捜研の女」(テレ朝/沢口靖子)
木21「おトメさん」(テレ朝/黒木瞳)
木21「あぽやん〜走る国際空港」(TBS/伊藤淳史)
木22「最高の離婚」(フジ/瑛太)
金22「夜行観覧車」(TBS/鈴木京香)
金23「信長のシェフ」(テレ朝/玉森裕太)
土21「泣くな、はらちゃん」(日テレ/長瀬智也)
土23「カラマーゾフの兄弟」(フジ/市原隼人)
日20「八重の桜」(NHK/綾瀬はるか)
日21「とんび」(TBS/内野聖陽)
日21「dinner」(フジ/江口洋介)

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.