象に食べられたiPhoneの行方、電話をかけたらフンの中から着信音。

2012/12/29 13:25 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


タイにある象の動物園を訪れた中国人女性は、目の前で大きな口を開けて餌を食べる象の写真を撮ろうとiPhoneを構えていた。すると、自分に向けられたiPhoneを餌と勘違いしたのか、象は鼻で取り上げてパクッ。そんな様子を収めた動画が、いま、話題を呼んでいる。

この動画はYouTubeに複数投稿されており、12月26日に公開された「Elephant eat my iphone」(http://www.youtube.com/watch?v=MTNGP0-zu9I)もその1つ。登場する中国人とされる女性2人と撮影者がやって来たのは、タイにある象の動物園だという。象使いの男性を背中に乗せ、鼻を揺らしながら悠然と構える象を目の前にすると、女性2人は興奮して大喜び。しかし、この後向かって左側に立った女性に不幸が訪れる。

餌を持って来た女性が少しずつ渡し始めると、盛んに鼻を伸ばして餌を口に運ぶ食欲旺盛な象。自分のiPhoneを取り出し、その様子を嬉しそうに撮影し始めたのが、間もなく不幸に見舞われる女性だ。象に渡す餌はあまりなかったようで、数回渡すと入っていたかごの中は空になってしまう。ところが全く満たされない象は、渡される餌が途絶えると伸ばしてた鼻の向きを変え、隣で自分に向けられていたiPhoneをしっかり掴み取り、口の中に入れてしまった。

なす術もなく、iPhoneを食べられてしまった女性は大慌て。寄って来た飼育員に必死に訴えるも、口の中を軽く確かめた飼育員は「Sorry」と言うだけで、もはやiPhoneは戻って来ないかと思われた。

ところが動画には、編集点を挟んでその続きも収められている。女性2人が走って駆け寄っていくのは、象の飼育舎らしき場所。ここで1人が電話を掛け始めると、積み重なったフンの中から着信音が鳴り始めた。

飼育員がフンの中を探ると、程なくして象に取られたiPhoneはフンまみれながら無事に発見。最初は喜んでいた持ち主の女性だが、フンを軽く払っただけのiPhoneを飼育員に差し出されると、躊躇してもう1人の女性に受け取りをお願いする始末で、結局どちらの女性が手にしたかは分からないまま動画は終わる。

動画は投稿からすぐに世界の情報サイトを中心に話題となったようだが、今のところその多くが「フェイクと見ている」(豪紙アデレード・ナウより)とも。それでも観た人の中には面白い映像として楽しんだ人も少なくないようで、皆さんも一度ご覧になってはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.