お笑い芸人が“泣いた”感動作、「ボクたちの交換日記」の特報完成。

2012/12/28 07:58 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


人気放送作家・鈴木おさむの小説「芸人交換日記〜イエローハーツの物語〜」(太田出版)を原作に、ウッチャンナンチャンの内村光良が監督・脚本を務める映画「ボクたちの交換日記」。その特報映像(http://www.youtube.com/watch?v=DRaLu-NVJ9E)が完成した。

お笑いの世界に身を置き、自らもその世界を経験してきた内村が温かくもリアルに描く本作は、架空の売れないお笑いコンビの生活と葛藤を描いた作品。原作はあまりのリアルさから、多くのお笑い芸人たちの間でも「泣いた」という声が続出した感動作だ。

結成12年目、いまだ鳴かず飛ばずの30歳のお笑い芸人「房総スイマーズ」を演じるのは伊藤淳史と小出恵介。共演には長澤まさみ、木村文乃、川口春奈、ムロツヨシ、ベッキー(友情出演)、カンニング竹山(友情出演)、大倉孝二、佐藤二朗、佐々木蔵之介らが名を連ねる。

また、主題歌には、来春の解散を発表したファンキーモンキーベイビーズの書き下ろし楽曲「サヨナラじゃない」が起用された。

映画「ボクたちの交換日記」は2013年3月23日に公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.