赤の他人なのにそっくりさん、不思議なペア探しては撮影続ける写真家。

2012/12/16 07:15 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界には自分にそっくりな人が3人いると言われています。その“そっくりさん”に実際に会えるチャンスがどれほどの確率で訪れるかはわかりませんが、あるカナダ人の写真家は、家族でもなく血の繋がりも全くない、赤の他人の“そっくりさん”ペアを探しては、写真撮影することを長年続けているそうです。

カナダ・ケベック州のFrancois Brunelleさんは18歳から写真家として活動しながら、人の顔について研究を続けています。そして「I am not a look-alike」というプロジェクトを立ち上げ、これまでに200組もの赤の他人の“そっくりさん”を写真に収めてきました。

公式サイト(http://francoisbrunelle.com/)などに掲載された写真を見てみると、モデルたちは驚くほどそっくり。顔つきだけでなく、表情も似ているため、「本当は家族なのでは……?」と疑ってしまうほどです。

Brunelleさんによると、最初のモデルとなった“そっくりさん”ペアは、自分の知人の中から見つけ出したものの、作品がメディアで紹介されるにつれ、見ず知らずの人たちから「私たちもお互いに瓜二つなんです」と世界中から名乗り出てくるようになり、被写体がどんどん増えていきました。また、最近ではソーシャルネットワークを利用して、お互いに面識のない“そっくりさん”を探し出しているそうです。

このプロジェクト、以前より北米のメディアを中心に紹介される機会はありましたが、ここにきて再び欧米のネットで話題となり、世界的に注目を集めることに。これまでは北米やヨーロッパといった地域のみで被写体を探していましたが、今後は世界中の“そっくりさん”がBrunelleさんのもとに集まってくるかもしれませんね。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.