Disney新作に「スト2」リュウら、「シュガー・ラッシュ」最新予告編。

2012/12/14 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲームの世界でヒーローになりたい悪役たちの奮闘を描いた、「トイ・ストーリー」のゲーム版とも言えるディズニー映画最新作「シュガー・ラッシュ」(2013年3月23日日本公開)。そんな同作の最新予告編(http://www.youtube.com/watch?v=oHs1GfysH2g)が解禁された。

「シュガー・ラッシュ」は11月2日に全米で公開されると、他を引き離す圧倒的な成績で全米オープニング興行成績第1位の大ヒットを記録(ディズニー・アニメーション史上最高の歴代No.1)。その評価も高く、アニメ界のアカデミー賞とされるアニー賞では作品賞・監督賞をはじめ10部門、ゴールデングローブ賞ではアニメーション映画賞にノミネート。さらに、ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞アニメーション映画賞を受賞するなど、アカデミー賞への期待が高まっている。

今回公開された予告編では、「シュガー・ラッシュ」の世界観が満載。冒頭ではゲームセンターの閉店後に人間たちが居なくなると、「DanceDanceRevolution」のYUNI(参考:http://www.konami.jp/bemani/ddr/jp/am/sn2/chara/newchara.html)の「みんな、もういいわよ!」との声で“もうひとつの世界”アーケードゲームのキャラクターたちの世界が始まる。

そこには戦いを止めた「ストリートファイター」シリーズのリュウとケンの姿もあり、「ふー、おつかれー」と声を掛け合う2人。彼らが“キャラクターを演じている”という設定が一発で分かる映像だ。

そうした中、悪役たちが行なっているセラピーに参加している本作の主人公ラルフ。アクションゲームの悪役を30年間も続けている彼はそのセラピーで「みんなから愛されるヒーローになりたい」と悩みを打ち明け、衝撃的な一言「俺はもう悪役を辞める」と宣言した。この決断が、ゲーム界最大の事件を巻き起こしてしまう……。

まさに、ゲーム版「トイ・ストーリー」ともいわれるユニークな設定とディズニー・アニメーションならではの“友情や絆”という普遍的なストーリーが共感を呼び、男女を問わず、子どもからゲームと共に育った親の世代まで幅広い支持を受ける傑作が誕生した。

なお、本作の主人公ラルフは、七色の声を持つといわれる声優の山寺宏一が演じている。

映画「シュガー・ラッシュ」は2013年3月23日日本公開。


☆「シュガー・ラッシュ」ストーリー

“シュガー・ラッシュ”とは、お菓子だらけの世界で繰り広げられるエキサイティングなレース・ゲームのこと。物語の主人公は30年前から愛され続けているアクション・ゲーム「Fix-It Felix(フィックス・イット・フェリックス)」の世界で暮らす悪役のラルフ。長年にわたり嫌われ者を演じることに嫌気がさしたラルフは、自分のゲームの世界を飛び出し、“シュガー・ラッシュ”の世界に迷い込んでしまう。

そこで仲間はずれにされ、レース出場を禁じられている女の子・ヴァネロペに出会い、孤独な2人は次第に友情の絆を深めていく。しかし異なるゲームのキャラクターである彼らの出会いは“ゲームの掟”に反し、ゲームの世界全体に災いをもたらすことに……。そんなキャラクターたちのパニック状態の中、ラルフはこの世界に隠された陰謀を知ってしまう。はたしてラルフとヴァネロペは、ゲームの世界の運命を変えることができるのか!?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.