徳井義実“心の傷”に顔真っ赤、元カノとの写真に「よくナンパして…」。

2012/12/04 06:37 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(37歳)が12月3日、都内で行われたNECカシオモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「MEDIAS U」の発売記念イベントに出席。脱出ミッションを通じて「MEDIAS U N-02E」の持つ5つの“PROOF”に関連した罰ゲームを受け、体を張って新端末の特長をアピールした。

この日行われたイベント「MEDIAS PENTAGON-徳井義実解放作戦-」は、11月26日に予告サイト「徳井義実ヲ解放セヨ」(http://kaihoseyo.jp/)がオープンしたことから始まっている。サイトでは“謎ノ男”が「12月3日20時、徳井義実ヲ ドカーン スル」というメッセージを発信。出題される暗号を解くことで、今回のイベントの開催場所が判明する仕組みになっていた。

そして“謎ノ男”の宣言通り、徳井は12月3日20時に東京・新宿で、5角形の巨大な箱「MEDIAS PENTAGON(メディアス ペンタゴン)」に閉じ込められてしまう。脱出するためには、自身の78万人のTwitterフォロワーやUSTREAM中継の視聴者と協力し、出題される4つの暗号と4つのミッションをクリアしなければならない。しかもミッションに失敗した際に待ち受けているのは、過酷な罰ゲーム。徳井は「これ何なん? はよ帰りたい」とボロボロになりながらも5つの罰ゲームを全身で受け止め、手渡された「MEDIAS U」を頼りにミッションをクリア、脱出に見事成功した。

と、思いきや、脱出した先は「MEDIAS U」発売記念イベントの会場。MCの挨拶とともに急にイベントが始まってしまい、何も知らない徳井はたくさんの報道陣を前に、「なんでカメラこんなにおるの? メチャメチャ多いやん!」と唖然。それでもイベントは進行していく。

実はこの日、徳井が受けた罰ゲームは、「MEDIAS U」の5つの“PROOF”である「耐衝撃」「防水」「防キズ」「防指紋」「防塵」に関連した罰ゲームだった。「防キズ」に関連した罰ゲームの際に提示されたのは、徳井さんが元カノと写っている20歳の頃の恥ずかしい写真。液晶のキズならぬ“心の傷”を受けてもらった――というわけだ。これには顔を真っ赤にしながらも、「いやぁ、京都の鴨川でよくナンパしてて、そのときに知り合ったコなんですよ。当時大学生の彼女の家によく入り浸っていましたよ」とエピソードも披露した。

そして「防指紋」に関連した罰ゲームの際に受けたのは、顔面パイランチャー。MCの「安心の『防指紋&防汚コーティング』ということで、パイで徳井さんを汚してみました」とのコメントには、「ありがとうございます。いやホント放心状態なんですけどね」と応え、未だに落ち着かない様子だった。

最後は「MEDIAS U」について、「これはいい感じですよ。ともに戦い抜いた仲間なんで、僕は今とても愛着が湧いています」と締めのコメント。イベントは終始笑いに包まれ終了となった。

今回のイベントについて徳井は「パーキングで急に僕の被り物をした人たちに拉致されて、気づいたら閉じ込められていたんですよ。新宿ってことすらわかってなかったです。開いた瞬間アルタビジョンが見えたんで、そこでようやくわかりました」と、恐怖体験を告白。そして「『MEDIAS U』の使いやすさは抜群です。スピードも早いし、みんなからのツイートのリプライが集まってきて、すごく助かりました。僕ひとりではあんな難しい暗号解けませんでしたよ。僕は江ノ島によくシラスを食いに行くんですけど、海に行くときは防水機能が便利ですね。どんどん新しいスマホが出てきて買い替えを考えているという人は、ぜひ僕も助けられたメディアスを触ってみてください」とアピールした。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.