カラオケで最も歌われた曲は? 金爆が昨年50位圏外から一気に浮上。

2012/12/03 12:18 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


カラオケ「JOYSOUND」シリーズや「UGA」シリーズを展開するエクシングは12月3日、歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2012年JOYSOUND年間ランキング」(http://joysound.com/st/2012yearranking/ )を発表した。

このランキングは2012年1月1日〜11月30日の期間に歌唱された楽曲を集計・まとめたもの。12月の1か月分によるランキングへの影響は軽微なため、速報として11月30日までの分で集計している。

その結果は次の通り。

◎楽曲ランキング

1位(→1位)「ヘビーローテーション」(AKB48)
2位(↑圏外)「女々しくて」(ゴールデンボンバー)
3位(↑圏外)「千本桜」(WhiteFlame feat.初音ミク)
4位(↓3位)「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
5位(↑36位)「栄光の架橋」「ゆず」
6位(↑38位)「フライングゲット」(AKB48)
7位(↑10位)「小さな恋のうた」(モンゴル800)
8位(↓6位)「キセキ」(GReeeeN)
9位(↑圏外)「マトリョシカ」(ハチ feat.初音ミク、GUMI)
10位(↑12位)「ハナミズキ」(一青窈)
11位(→11位)「Everyday、カチューシャ」(AKB48)
12位(↑13位)「ライオン」(May'n/中島愛)
13位(↑23位)「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)
14位(↑24位)「創聖のアクエリオン」(AKINO)
15位(↑17位)「純恋歌」(湘南乃風)
16位(↑45位)「君の知らない物語」(Supercell)
17位(↑圏外)「Rising Sun」(EXILE)
18位(↑19位)「睡蓮花」(湘南乃風)
19位(↑20位)「愛唄」(GReeeeN)
20位(↑圏外)「やさしくなりたい」(斉藤和義)

楽曲ランキングでは、下半期に勢いを増したゴールデンボンバー「女々しくて」の猛追を抑え、AKB48「ヘビーローテーション」が2年連続で首位を守った。「女々しくて」は惜しくも1位を逃したものの、9月以降はJOYSOUND週間ランキングのトップを13週に渡って独占し続けるほどの人気ぶりを発揮。3年前にリリースされたこの楽曲が、ランキング圏外(50位以下)だった昨年から一気にブレイクを果たし、2位に急浮上という大快挙を遂げた。

また、少女時代やKARAが存在感を示した昨年とは一転、今年新たな顔ぶれとして加わったのは3位のWhiteFlame「千本桜」、9位のハチ「マトリョシカ」をはじめとしたVOCALOID楽曲。JOYSOUNDでは、2007年にカラオケとして初めてVOCALOID楽曲の配信をスタートし、現在では業界最多となる2,500曲を配信しているが、VOCALOID楽曲に絞ったランキングでは、「千本桜」を筆頭に昨年末にカラオケ配信を開始したばかりの楽曲がトップ5を占める結果となっており、今後も次々と生み出されるヒット曲の数々に注目が集まりそうだ。

アーティストランキングにおいては、数々のカラオケ定番曲を輩出するAKB48が首位を獲得し、昨年に引き続き楽曲ランキングとの2冠を達成。2位以降では、今年活動20周年を迎えたMr.ChildrenやL'Arc〜en〜Ciel、15周年を迎えたゆずなどがランクアップを果たしたほか、テレビ出演などを通じて飛躍的に知名度を向上させたゴールデンボンバーが圏外から14位へ大幅に順位を上げている。


◎アーティストランキング

1位 AKB48
2位 EXILE
3位 嵐
4位 Mr.Children
5位 西野カナ
6位 いきものがかり
7位 BUMP OF CHICKEN
8位 L'Arc〜en〜Ciel
9位 浜崎あゆみ
10位 倖田來未
11位 GReeeeN
12位 ポルノグラフィティ
13位 RADWIMPS
14位 ゴールデンボンバー
15位 コブクロ
16位 UVERworld
17位 ゆず
18位 湘南乃風
19位 B'z
20位 supercell

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.