走行中のバイクで危険なキス、情熱的なブラジル国民もビックリ。

2012/12/02 06:59 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラジルの国民性といえば、リオのカーニバルのような陽気で情熱的なイメージ。恋愛においてもストレートに感情を表す人が多い印象を受けるが、先日、同じブラジル国民でもびっくりするような“情熱的すぎる”カップルが、高速道路上に現れたそうだ。ヘルメットをせずにバイクを走らせている運転手に気が付き、動画撮影を始めた目撃者は、接近してみてさらにビックリ。運転していた男性はハンドルとの間に逆向きに女性を座らせ、走行しながらキスをし続けていたからだ。

ブラジル放送局RPC TVなどによると、この危険なカップルが現れたのは、パラグアイ国境に近いブラジル南西部の街、パラナ州フォズ・ド・イグアスを走る高速道路。助手席から前を見ていたフェルナンド・ナシメントさんは、時速80キロ近いスピードを出しながら、ノーヘルで走っているバイクの男性がいることに気が付き、危険なライダーの存在を知らせようと動画撮影を始めた。

そして問題のバイクに近付いてみると、想像を超えた危険走行だったことが分かり、彼は「驚いた」という。その場面の一部を紹介したのが、YouTubeで11月21日に公開された動画「Brazil Couple's Passionate KISS on a Motorbike at 50mph」(http://www.youtube.com/watch?v=EW3my2LMuqw)だ。ナシメントさんが乗った車のすぐ前を走るバイクの男性は、確かに横へ髪がなびいている様子が分かり、ヘルメットを被っていない。

さらに車が車線を変えて並走状態になると、バイクには男性の前に逆向きに座る女性の姿が登場。横になびいてのは、実は女性の髪の毛だったのだ。女性は運転する男性に向かい合ってまたがり、右手を彼の首に回して熱烈なキスをしており、男性も拒む様子はなく彼女の期待に応じている。ナシメントさんが1分ほど撮影している間、運転手の男性は「ときどき片目を開けて」前を確認していたそうだが、決して彼女の口を離さなかったそうだ。

その後、間もなく2人のバイクが高速道路を出たため、ナシメントさんの撮影も終了。しかし高速を降りるまでも、ずっとキスし続けていた様子を見ていたという彼は、危険を顧みない2人を「クレイジーだ」と糾弾し、撮影した動画をRPC TVに提供した。幸い、カメラに収められた2人が事故に遭ったとの報告は入ってないが、ブラジル交通警察の幹部は「不必要な危険を冒している」と問題視。2人が特定された場合、確認しうる容疑から957.70レアル(約3万8,000円)の罰金と、運転免許の一時停止処分を科すと言明したという。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.