エナジードリンクに規制論も、米当局は「医療関係者に相談を」。

2012/11/21 14:01 Written by

このエントリーをはてなブックマークに追加


「エナジードリンク」と呼ばれる栄養ドリンクが、若者を中心に人気を集めている。米食品医薬品局(FDA)が最近、エナジードリンク飲用後に起きた死亡を含む有害事象(副作用)の集計結果を公表した。これは、消費者からの自発報告と企業に義務付けられた報告に基づくもので、FDAは今回のレポートで製品との関連を明らかにするのは困難としている。ただし、消費者に対して「エナジードリンクを使用する際は医療関係者に相談する」ようアドバイスしている。

◎約160件の報告を公開、規制論も

今回、公表されたのは2004年1月〜12年10月下旬にFDAに報告された4種類のエナジードリンク(「5-Hour Energy」「Monster」「Rockstar」「Red Bull」)に関する有害事象。

製品ごとに気分不良や顔面紅潮、睡眠障害や体重減少などのほか、悪心、血圧不安定や心筋梗塞、心停止、血中カフェイン値の上昇や電解質異常などで救急治療室(ER)受診や入院に至ったとの報告、死亡例も複数含まれている。公開された有害事象は全部で160件余り。ただし、これらの報告は症例の背景やエナジードリンクの摂取量など詳細な情報が含まれていないため、エナジードリンクとの関連は明らかにできないとFDAは説明している。

エナジードリンクについては昨年、米国小児科学会が「多量のカフェインが含まれており子供の摂取は危険」との声明を発表している。

11月15日付の米紙「New York Times」によると、レポート公開は同紙をはじめとするメディア報道がきっかけだった模様。FDAの担当官は、情報公開は「透明性を高める取り組み」としながらも、製品に問題があることを示すものではないと付け加えている。また、一部ではエナジードリンクに規制が必要ではないかとの意見も出始めていると紹介されている。

※この記事(http://kenko100.jp/news/2012/11/21/02)は、医学新聞社メディカルトリビューンの健康情報サイト「あなたの健康百科」編集部(http://kenko100.jp)が執筆したものです。同編集部の許諾を得て掲載しています。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.