レオとブラピが競った超大作、「ワールド・ウォー Z」の映像公開。

2012/11/19 02:53 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


東宝東和配給で2013年8月に拡大公開を予定している、ブラッド・ピット主演の超大作「ワールド・ウォー Z」。同作の初映像として、ワールドワイド版ティーザートレーラーが公開(http://www.youtube.com/watch?v=1olDQk94Itg)された。

「ワールド・ウォー Z」は、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーに4週間リストされた、マックス・ブルックスの長編小説が原作。中国僻地で発生した謎のウィルスが爆発的に全世界へと拡大し、人類を滅亡へと追い込む様を、愛する家族と世界を救うために奔走する国連職員ジェリー(ブラッド・ピット)の視点で展開していく。

同作はありきたりのパニック・ムービーではなく、人類が築き上げてきた文明に警鐘を鳴らしながら深くえぐり、想像を絶する壮大なスケールと緊張感がスクリーンを支配する。映画化に際しては、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットで権利獲得が競われたという逸話も残る作品だ。

監督は「チョコレート」(2001年)や「007 慰めの報酬」(2008年)のマーク・フォースター、脚本はテレビドラマ「LOST」のデイモン・リンドルフ、映画「大いなる陰謀」(2007年)のマシュー・マイケル・カーナハン。出演はブラッド・ピット、ミレイユ・イーノスらで、ブラピは製作にも名を連ねる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.