“男が妊娠陽性(笑)”が一転、ネットユーザーの指摘でがん発見。

2012/11/09 16:41 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米国のある男性は先日、以前交際していた女性が家に置いていった妊娠検査薬を見つけ、冗談のつもりで使ってみた。そして結果を見てみると、なぜか陽性反応が出現。この話を知った友人が経緯を簡単なマンガにして画像共有サイト「imgur」に投稿したところ、面白いと注目を集めることになった。しかし、中には病気を疑う人からのアドバイスも多数寄せられたため、病院で検査を受けると、彼の精巣からがんが見つかったそうだ。

米放送局ABCやCBSなどによると、話題のマンガは11月3日付でimgurに投稿された、「Pregnant man rage」(http://imgur.com/Xt6B5)と題された5コママンガ。内容は妊娠検査薬を冗談で使ってみたところ、反応が現れてしまったとする男性の話を紹介したものだ。驚きや怒りを持った日常の出来事を題材にする、いわゆる“レイジコミック”として描かれたこのマンガは、翌日にはソーシャルサイト「reddit」でも紹介され、多くの人から注目を集めた。

ところが、redditに「3日間で1,300以上」も寄せられたコメントの中には、「面白い話」とする作者の意図とは違う見方をする人も少なくなかった。その多くが、「精巣がんの可能性を指摘」し、専門家への受診を勧めるもの。実は妊娠検査薬では、妊娠した女性の胎盤で作られる「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが、尿中に含まれているか否かで判断されている。ところが、hCGはほかにも一部のがんを発症した際にも生成され、男性に起きる精巣がんもその1つのため、事情を知っていたユーザーが心配してアドバイスしたというわけだ。

そして作品の投稿から3日後、11月6日付で作者は続編(http://imgur.com/oG492)を公開。そこには、紹介した話が友人に起きた実際の出来事である旨が明かされ、ネット上の反応を作者から知らされた友人は、病院へ向かったという。実際「右側に小さなしこりがあった」ことにも気付き、ユーザーらの不安が的中して「早期の精巣がん」との診断が下されたそうだ。

友人は、今後摘出手術を受ける可能性が高いというが、早期だった上に「がんの中では最も治療可能な種類の1つ」とされ、メディアの間では明るい見通しが予想されている。作者は、友人の病気が発見できたことを喜びつつも、彼が手術を受けなくてはいけないのは「悲しい」と複雑な心境を漏らしながらも、アドバイスをくれたユーザーらに「ありがとうと言いたい」と感謝。そして「男性が精巣がんなら女性は乳がんを」と、定期的に検査を受けて自分自身で注意するよう訴えている。

ちなみに、今回のように妊娠検査薬で発見できるケースは「たまたま」と見られ、「初期は痛みがない」とされる精巣がんの発見は、自分の感触で確かめて変化に気付く例がほとんどだそうだ。そのためABCの取材に応じた米国の専門家は、早期発見には「月に一度、変化がないかシャワーを浴びている時に自己分析したほうがよい」と話している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.