“猫放り投げる”芸術に猛批判、YouTubeに動画公開で世界中から非難。

2012/11/09 15:13 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


時に一般人には思いもよらないアイデアで、さまざまな主張やメッセージを訴えかけてくる芸術作品。しかし、先日ベルギーの市役所で行われたというある有名芸術家のパフォーマンスには怒りを感じた人が少なくなかったようだ。そのパフォーマンスは、市役所の階段をステージに見立て、上に向かって猫を放り投げるというもの。このパフォーマンスの一部がYouTubeに投稿された影響もあり、世界中から芸術家に対する批判が殺到したそうで、謝罪する事態に追い込まれた。

ベルギー紙ラ・リブレ・ベルジークなどによると、批判を受けているのは、ベルギーの芸術家ヤン・ファーブル氏。演出家や振付家などの分野でも世界を股に活躍する国際的なアーティストだが、そんな彼が10月下旬、日本ではアニメ「フランダースの犬」の舞台として知られるベルギー北部の街アントウェルペン(アントワープ)の市役所で、今回のパフォーマンスを行った。

「(かつて)サルバドール・ダリが行ったパフォーマンスに基づいた」というパフォーマンスの内容は、階段を舞台に、猫を上に向かって放り投げるというもの。その一部が、10月26日付でYouTubeに投稿された動画「Animal Abuse Cats Trown in the Sky inside a State/Town Hall Antwerp Belgium」(http://www.youtube.com/watch?v=7iZqX4AUJV8)で紹介されている。映像は、パフォーマンスに疑問を持った「市役所職員」(ドイツ紙シュピーゲルより)によって撮影されたそうだ。

動画を見ると、放り投げられた猫はスタッフの手元に戻っているか、階段に敷かれたマットの上に着地。ファーブル氏は、「猫を傷つけたり、傷めつけたりする意図はなかった」と釈明しており、安全上の配慮はなされていたようだ。しかし、猫を放り投げること自体に眉をひそめる思いをした人は少なくなかったようで、動画公開の影響もあって、ファーブル氏には多くの批判が寄せられた。

これまでに、彼のもとにはパフォーマンスを批判する「2万通の電子メール」が世界中から送られてきたとされ、動物保護団体は彼を非難する声明を発表。さらに、副市長が動物虐待と見て警察へ通報したほか、アントウェルペン市内の公園をジョギング中の彼が、武器を持った7人の男性に襲われる事態まで起きたという。今回のパフォーマンスを行ったファーブル氏は、多くの人から相当厳しい目を向けられているようだ。

こうした状況を受け、ファーブル氏は地元メディアなどを通じて「猫を愛する人々に対して謝罪したい」とコメントを発表。猫に対するひどい扱いを「申し訳ない」「間違いだった」と認めているが、一方で、批判的に報じた一部メディアに対して「誇張されている」との不満を漏らしたともされている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.