ホーンテッドマンション売却、米国のレプリカハウスがeBayに出品中。

2012/10/09 16:43 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


大人でも子どものように楽しい気持ちにさせてくれる“夢の国”ディズニーランド。かわいいデザインの建物やアトラクション施設が建ち並ぶ世界や、アッという間に過ぎゆく楽しい時間の中で「もっとここに居たいな…」「この世界に住んでみたい」と、誰しも一度や二度は夢想したことがあるかもしれない。もし、本気でそう思うなら。先日、米国で売りに出された1軒の家をチェックしてみてはいかがだろうか。

米アトランタ郊外、ジョージア州ダルースにある大きな1軒の家が、10月3日に競売サイト「eBay」へ出品された。マーク・ハートさんが自ら建設に携わり、16年間暮らしてきたその家は、人気アトラクションの「ホーンテッドマンション」をイメージしたもの。7つの寝室に6つのバスルームを備え、エレベーターも利用できる4階建ての家は、延べ面積1万平方フィート(約930平方メートル)にも及ぶ。そんな豪邸は「実際のホーンテッドマンションの構造を真似て作られた、世界で唯一の家」(販売代理店テーマパーク・コネクションより)とされ、細部までこだわって建てられた“レプリカハウス”なのだ。

ハートさんは、建設会社社長にしてデザイナー。「会ったことはないけど、ウォルト・ディズニーが師匠」(米紙ロサンゼルス・タイムズより)と話すほど心酔している彼は、1996年に自分の家を建てる際に、個性的な家が欲しいと“ホーンテッドマンションハウス”作りに着手した。できる限り同じにしようと、彼は本物の「ホーンテッドマンション」を楽しみに行っては建物の構造や寸法を確認した上、本物を建設する際の資材製造工場を見つけ出すと、自分の家のためにも同じ資材を作らせたという。

それから16年間にわたり“ホーンテッドマンションハウス”を満喫した彼は、最近になって売却を決意するに至った。実は、今度はディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク内に建つホテル「グランドカリフォルニアン」のレプリカを作ろうと思い立ち、その資金を捻出するため、現在の家を87万3,000ドル(約6,800万円)で売りに出したというわけだ。

米国では、彼が建てた“ホーンテッドマンションハウス”販売は瞬く間に注目を集めたようだが、本気で購入したい人にとっては、家の中がどのようになっているのかは大いに気になるところ。しかし、家の内覧は購入を決めた人のみとされ、残念ながら一般公開を行っていないが、販売代理店のサイトではほんの一部を「Haunted Mansion Home ThemeParkConnection.com Hitchhiking Ghosts Bathroom」(http://www.youtube.com/watch?v=D0tp6EPIRJ8)などの動画で紹介している。それによると、ただ建物を真似ただけでなく、本物さながらの“演出”もいくつか仕掛けられているようだ。

ずっと「ホーンテッドマンション」の世界を味わえるこの家、ディズニーファンの誰もが住みたいと考える――かどうかは疑問だが、気になる人はぜひ一度チェックしてみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.