筋肉を巧みに操り楽器“演奏”、視聴後に遊べるウェブCMが話題に。

2012/09/03 11:36 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


企業がネット向けのCM動画・コンテンツを制作し、それが世界的に大きな反響を呼ぶことは珍しくないが、最近、米国で話題となっているのはデオドラント製品の広告。逞しいマッチョ体型の俳優の筋肉にセンサーを取り付け、派手に楽器を演奏するという内容で、そのユーモラスな映像を見るだけでも十分に楽しいのだが、動画再生後に隠されている“お楽しみ”がまた、注目ポイントのひとつとなっている。

話題を呼んでいるのは、動画サイト「Vimeo」に8月23日付で投稿された「Old Spice Muscle Music」(http://vimeo.com/47875656)。米ニュースサイトMSNBCによると、この動画は米国で発売されているデオドラント製品「Old Spice」の宣伝用に作られたもので、登場するのはテリー・クルーズという俳優だ。元NFL選手とあって、現役を退いても全身に素晴らしい筋肉を保っている彼は、動画の中で各部分の筋肉を個々に動かして、センサーで繋がったパーカッションやサックスといった楽器を鳴らし、リズミカルなパフォーマンスを見せてくれる。

肩や胸、6つに割れた腹筋に太ももなどにいくつものセンサーを付けた彼は、1つ1つの筋肉を器用に動かしながら、さらに歌声まで披露。1分あまりの再生中、キーボードに繋がった6つの腹筋を巧みに操るなど、彼の動きは段々とエスカレートしていき、その姿はもはやギャグアニメを見てるかのよう。パワーに圧倒される映像に、誰もが大きなインパクトを感じるはずだ。

さらにこの動画のお楽しみは、再生終了後にもう1つ用意されている。画面左下の再生ボタンが録音ボタンになったら準備は完了。そのままパソコンのキーボードを押すと、動画の中の楽器を鳴らすことができ、録音ボタンを押せば自分の演奏も残せるのだ。例えば「Z」「X」「C」を押すと、火を吹きながらサックスの音、「M」を押せば彼の左足が動くと共に右上のシンバルを鳴らせる。

音は主にアルファベットのキーで再生でき、実に多くの音源を用意。録音した音は保存もできる仕組みになっているので、気に入った演奏ができれば人に聞かせて楽しむこともできそうだ。動画は「新たな進展を遂げた刺激的な広告」(豪ニュースサイトnews.com.auより)と米国以外でも紹介され、世界でも高い注目を集めている様子。言葉に関係なく誰でも楽しめるので、皆さんもぜひ一度試していただきたい。ちなみに一番お薦めの音は、ユーモラスな声と映像が楽しめる「A」の音だ。


☆テリー・クルーズ×Old Spiceはニコニコ動画でも人気

テリー・クルーズは、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ジェット・リー、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレンら豪華肉体派俳優が結集した映画「エクスペンダブルズ」シリーズにも出演するなど、ハリウッドで活躍。Old SpiceのCMには以前より起用されており、常にシュールな世界観の広告が海外でも話題を呼んでいる。

ニコニコ動画でもYouTubeから“輸入”される形でしばしば動画が投稿されており、ニコニコ大百科にも「Old Spice」や「ボディソープの妖精」などの項目が立てられているほどだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.