目の前にクジラ現れ危機一髪、カヤック楽しんでいた母娘に恐怖の瞬間。

2012/08/25 09:13 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米カルフォルニアのビーチで、カヤックを楽しむ母娘。娘の様子を撮影していた母親の目の前に、ある動物が突然顔を出しました。そのインパクトの大きさにはカメラを手にしていた彼女もビックリ。このときの様子を収めた動画がYouTubeで公開され、話題を呼んでいます。

8月18日付けで投稿された「Humpback Whale VS 2 Women in kayak's」(http://www.youtube.com/watch?v=jexfIr5i3hE)という、30秒ほどの動画。サマンサ・バーメイザーさんという女性が、同州サンフランシスコとロサンゼルスのほぼ中間に位置するアヴィラ地区ポート・サン・ルイスのビーチで撮影したものです。

娘とカヤックを楽しんでいたサマンサさんは、少し離れた場所のカヤックにいる娘を撮影していますが、次第にその周囲を鳥が飛び回ります。そんな鳥の様子をアップで撮していると、娘のカヤックと自身のカヤックの間に、突然水面下からザトウクジラが大きな口を開けて、にょきりと顔を出したのです。そして一旦姿を隠したクジラは、今度はサマンサさんの目の前に再び浮上。そこで動画は終わっています(※サマンサさん曰く、自身のカヤックとクジラが衝突しそうになり、それを防ぐためにカメラを置いて、急いで逃げたのだそう)が、クジラのサプライズに対するサマンサさんの驚喜と恐怖の混ざったような叫び声はしっかりと記録されました。

ザトウクジラはオキアミや小さな魚を餌としており、それらを捕る際には一か所に追い込んだ後、下から急浮上してぱっくりと飲み込みます。どうやらサマンサさん母娘は、そのザトウクジラの餌取りの真っ最中に遭遇してしまったようで、鳥たちが騒がしくしていたのは、水面近くに逃げてきた小魚らを“おこぼれ”として頂戴しに来ていたためでした。

この動画には「スゴイ!」「こんなにクジラが至近距離にくるなんて、驚きだ」という驚きの声が続々。もちろん中には「カヤックをレンタルするときに、クジラから100メートル離れるように指摘されなかったのか」といったサマンサさんのマナー違反を指摘する意見も挙がってますが、それに対してサマンサさんは「あいにく100メートル離れなければいけないというルールは教えてもらっていなかった」と説明し、さらにクジラが至近距離にいたのは、クジラが顔を出したから判ったことで、避けられなかったとしています。そして今はこのルールを把握したので、今後は注意するつもりだとも。

昨年末にも、サーファーが間近でクジラに遭遇した瞬間を撮影した動画「Surfer Almost Swallowed by Whale」(http://www.youtube.com/watch?v=qoP1N0OyFic)が大きな反響を呼び(※現在までの再生回数は800万回超)、日本のテレビ番組などでも取り上げられましたが、今回の動画もそれに負けず劣らずのインパクト。皆さんもぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.