HKT48脱退の菅本が動画で謝罪、辞めた本当の理由や今後について語る。

2012/08/22 11:44 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


AKB48の姉妹グループ・HKT48を脱退した菅本裕子(18歳)が8月21日、YouTubeで公開された動画「菅本裕子 みなさんへ」(http://www.youtube.com/watch?v=mYCttSFmeXA)の中で、HKT48を辞めた本当の理由と、今後についてを語っている。

動画の中で菅本は、辞めた理由は大きく2つあると説明。1つは「高校3年生ということで、周りのお友だちがみんな進路を決めている中、ゆうこはどうしようかとすごく考えていて、今年に入ってくらいから真剣に考え始めたんですけど、もともと興味があった料理、料理がすごく好きだったので、料理の道に進もうと思いました」と、アイドルよりも料理に興味が湧いたことが理由だという。現在は専門学校などの資料請求をしている段階で、もし推薦を取るなら10月が期限となるため、このタイミングでHKT48を辞める決断をしたそうだ。

また、もう1つの理由としては、「謝らないといけないこと」とした上で、「特定のある一人のファンの人にコメントをしてしまったこと、あともう一人の方に、メールをしてしまいました。普通に」と告白。これについては「興味本位で送ってみようという、アイドルとして自覚がないというか、安易な気持ちでやってしまって、本当に応援してくださった皆さんを裏切るようなことをしてしまって、本当にごめんなさい。すごく応援してくださった皆さんに申し訳ないなって気持ちでいっぱいです」と反省している。

このメールの件は、「それをし始めて1〜2週間経ったときに、マネージャーさんに気付かれたというか、見つかってしまってすごく怒られて、本当にそのときには自分自覚なかったなとすごく思って反省して、そのときにですね、アイドルを続けたい? 続けたくない?って聞かれたんですね」とすぐにマネージャーの知るところとなり、アイドルとして今後どうするかと迫られた際に、「ゆうこは料理の道にも進みたいって気持ちが曖昧だったから、こんな気持ちで続けてちゃダメだと思って、それで自分の口から辞めると言いました」と、脱退に至った経緯を明かした。

そしてネットに噂として流れた飲酒や喫煙については「本当にしてません。未成年がしちゃいけないことだし、法に触れるような最低なことは本当にしていません」とキッパリ。また、「ファンの方とお酒を飲んだりっていう噂が流れてるんですけど、ファンの方と約束して会うとかないですし、泊まったりとかもないので、そこは本当にやっていません」と、プライベートでファンと会ったこともないと、噂を否定した。

なお、5人一斉に辞めたことについては「5人とも一緒の理由で辞めたっていう噂が流れているというか、誤解を招いてしまってるんですけど、一人一人違う別々の理由で辞めていて、ほかの子たちが辞めた理由はゆうこも詳しくはわかんないんですけど、みんなそれぞれ夢に向かって辞めたんだと思います」とのこと。

動画の最後は「ゆうこはこれからすごく料理を頑張って、一人前の料理人になって、いつか皆さんにまた会えるかなー、わかんないですけど、会えたら良いなと思ってます」「これからは料理の道を目指してゆうこは頑張っていきたいと思います。メンバーのみんなも自分の夢に向かって頑張ってください。ネット上とかテレビのニュースで言われていることは本当にしていません。本当に信じてください。お願いします。ゆうこはこれから頑張ります」との言葉で締めくくっている。


☆Twitter公式アカウントも開始

動画の中で菅本はTwitter(@yukos_cook)を開始することを告知。今後目指していく料理についてツイートしていくそうで、22日には早速「夏野菜カレーを作ったよ」と、写真付きで料理に関する話題をツイートしている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.