BUCK-TICKヤガミの50歳を祝う「中3(15才)からドラムを始めて35年」。

2012/08/20 15:42 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


BUCK-TICKのドラマー、ヤガミ・トールの50才の誕生日を祝うライブイベント「Yagami Toll 50th Birthday Live『IT'S A NOW!』」が8月19日、CLUB CITTA'(川崎)で行われた。

親交の深いAUTO MOD、DerZibet、LOOPUSといった面々に加え、セッションバンド Yagami Toll & New Blue Sky、そしてBUCK-TICKが出演。この日のラストを飾ったBUCK-TICKのライヴでは、アンコールで登場したメンバーからサプライズでバースデーケーキが用意される一幕もあるなど、会場に集まった観客とともに、ヤガミ・トールの生誕50年を祝うメモリアルな1日となった。

ヤガミ・トールは「中3(15才)からドラムを始めて35年、これからも素敵な楽曲を提供していきたいと思います。今日はありがとうございました」と挨拶。ライブイベントは大盛況のなか幕を閉じた。

そして8月20日、9月19日に発売のニューアルバム「夢見る宇宙」のスポット映像が徳間ジャパン公式YouTube(http://www.youtube.com/watch?v=xa46EVEQsCI)で公開された。さらに、デビュー25周年を記念し開催された、BUCK-TICKイラストコンテストの優秀作品も20日、BUCK-TICKトリビュート特設Facebookで発表されている。

9月22日・23日には、いよいよBUCK-TICK主催フェス「BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE」が千葉ポートパーク内特設野外ステージで開催。詳細はこちらのサイト(http://www.bt-onparade2012.com/)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.