となりのトトロ信楽焼に新作、灯りが透ける「ほんのり灯(とう)」。

2012/07/27 11:53 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ムービックは7月27日、「となりのトトロ」信楽焼シリーズの新作として、「ほんのり灯(とう)」(卓上ミニライト)を発売すると発表した。発売は9月中旬からで、価格は3,990円(税込み)。現在、ムービック通信販売「ちきゅーや」(http://www.chikyu-ya.net/)で予約を受け付けている。

「となりのトトロ」信楽焼は、2011年7月に第1弾「大中小トトロ3点セット」、2012年2月に第2弾「箸置き4種」を発売し、話題を呼んだシリーズ。今回も江戸初期創業の窯元、滋賀県信楽町・明山窯で1点1点手作りされたものだ。トトロの親しみやすいフォルムを再現するため、スタジオジブリとムービック担当者、明山窯の職人が試行錯誤を重ね、構想から最終サンプルが出来上がるまで約8か月を費やしてようやく商品化にたどりついた。

また、今回は第1弾の「大中小トトロ3体セット」とはトトロの表情が異なり、にんまりと笑っているのもポイント。ライトとして使用しなくても、ただそばに置いてあるだけで心を癒してくれるようなアイテムとなっている。

さらに今回は信楽窯業技術試験場で開発された「信楽透器」(滋賀県登録商標)の土を使用しており、ろうそくのようにゆらゆらと光が揺れるLEDライトの上からトトロをかぶせると、中からじんわりと温かな光がこぼれていく。本来であれば透けることのない焼き物の信楽焼が、かわいらしいトトロ型のミニライトとして、ほんのりと温かい灯りを机に灯してくれる。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.