「帰省時の東京土産」人気は? もらう側の希望は“東京ならでは”。

2012/07/26 16:56 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」(http://www.enjoytokyo.jp/)を運営するぐるなびは7月26日、夏休み・お盆休みの帰省シーズンを前に、東京土産に関する意識調査を実施した。

この調査では、まず、東京・神奈川・埼玉・千葉に在住の人(622人)を対象に、「帰省あるいは地方の親戚を訪ねる際に手土産を買って行くとしたら、どれを選びますか?」と質問。その結果、女性は1位「ねんりん家のバームクーヘン」(34.9%)、2位「東京ばな奈」(29.6%)、3位「ガトーフェスタ・ハラダのラスク」(18.2%)、男性は「東京ばな奈」(38.7%)、2位「ねんりん家のバームクーヘン」(20.2%)、3位「虎屋の羊羹」(20.2%)の順となった。

男性1位の「東京ばな奈」は男性の3人に1人が購入し、女性2位にもランクイン。ぐるなびは人気の秘密を「パッケージ・商品名に“東京”と記載されているため、東京のお土産だということが一目瞭然なのも人気の一因かもしれません」と分析している。

女性1位、男性同率2位の「ねんりん家のバームクーヘン」はここ数年で台頭してきた新興勢力で、特にスイーツのトレンドに敏感な女性には人気だった。また、男性同率2位、女性4位の「虎屋の羊羹」は老舗の定番商品らしく、和菓子としては1番人気の結果となっている。

女性3位、男性7位の「ガトーフェスタ・ハラダのラスク」は群馬県に本店を構え、主に群馬県内の百貨店に出店している店だが、銀座や新宿、池袋にも出店するようになり、“東京土産”のイメージが定着してきているようだ。

なお、購入予算については「1,001〜2,000円」が47.7%、「2,001〜3,000円」が33.6%、「1,000円以内」が14.6%だった。


◎もらう側はどんなお土産が欲しい?

一方、東京近郊以外、東京・神奈川・埼玉・千葉以外に在住の人(570人)には、「東京やその近郊に住んでいる人からお土産をもらう機会があったら、どのような東京土産をもらいたいですか?」と質問。その結果は次のようになった。

1位 東京でしか買えないもの(64.9%)
2位 東京で話題のパティシエの洋菓子(36.0%)
3位 今までに食べたことのないもの(35.6%)
4位 口コミで評判が高いもの(28.1%)
5位 老舗の和菓子(26.1%)

圧倒的な1位となったのは「東京でしか買えないもの」。「定番の東京土産」はそれほどでもなく、 2位と3位の「東京で話題のパティシエの洋菓子」「今までに食べたことのないもの」といった意見も見ると、最先端のグルメが集う東京ならではのものが、東京土産には望まれているようだ。


☆帰省あるいは地方の親戚を訪ねる際に手土産を買って行くとしたら、どれを選びますか?

[女性]
1位 ねんりん家のバームクーヘン(34.9%)
2位 東京ばな奈(29.6%)
3位 ガトーフェスタ・ハラダのラスク(18.2%)
4位 虎屋の羊羹(15.5%)
5位 小川軒のレイズン・ウィッチ(14.9%)
6位 洋菓子舗ウエストのリーフパイ(13.1%)
7位 麻布かりんと(12.2%)

[男性]
1位 東京ばな奈(38.7%)
2位 ねんりん家のバームクーヘン(20.2%)
2位 虎屋の羊羹(20.2%)
4位 舟和の芋ようかん(15.3%)
5位 人形焼き(11.8%)
6位 小川軒のレイズン・ウィッチ(11.1%)
7位 ガトーフェスタ・ハラダのラスク(10.5%)


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.