犬のフン放置女に怒りの鉄槌、ロシア人モデルがフン拾い投げつける。

2012/07/15 12:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


散歩中、愛犬が公共の場でうんちをしたら、しっかり処理してきれいにするのが飼い主のマナー。しかし中には、片付けようとしない無責任な飼い主もいる。そんな飼い主に黙っていられなかったのが、公園で友人を待っているときに“フン放置”の現場に遭遇したロシア人モデル。状況を説明する動画の撮影を始めると、愛犬と車に乗り込んだ飼い主の女性に対し、フンを片付けるよう迫った。その後、女性との白熱したやり取りを展開すると、最後はモデルが大胆な実力行使に出た――。そんな動画がいま、大きな反響を呼んでいる。

話題となっているのは、ロシア人モデルのマリア・イワノワさんがYouTubeに6月28日付で投稿した動画(http://www.youtube.com/watch?v=yXu09DDlcRk)。英紙デイリー・メールなどによると、彼女は華やかな世界で仕事をする傍ら、ネットでペットのフン放置根絶を訴えるキャンペーン活動にも力を入れている正義感の持ち主だという。そして先日、そんな彼女が街中で最も許せない相手を見つけてしまい、問題解決に乗り出す場面を動画に収めたようだ。

動画は、自分にカメラを向けて説明を始めるシーンからスタート。「友人を待つ間に、私はとても不適切な状況の目撃者になってしまいました」と話した彼女は、そばの路上に放置されたフンを映す。そして近くに駐車していたオープンカーに歩み寄ると、助手席に愛犬を乗せた飼い主の女性へと声を掛けた。イワノワさんが女性に対し「フンを自分で片付けなさい」と注意すると、ここからかわいらしく見上げる犬を挟んで、運転席に座る女性との間でロシア語の激しいやり取りが始まる。

「自分の犬のフンを片付けなさい、そうしたら私は立ち去るから」と迫るイワノワさんに対し、撮影されていることにも苛立つ女性は逆ギレ。「本当にここから私が立ち上がって、フンを片付けるとでも思ってるの?」と女性が言い放つと、両者互いに早口で言葉をぶつけ合い、口論はエスカレートしていく。すると、問題を認識しない女性に業を煮やしたイワノワさんは、放置されたフンの元へと引き返すと、ティッシュを使ってフンを拾い上げて再び女性と対峙。エンジンキーに手を掛け今にも立ち去ろうとする女性に向かって思い切りフンを投げつけ、爽快に笑う自分の顔をカメラに映しながら走って逃げ出し、動画は終了する。

動画はテレビで紹介されたことをきっかけにロシア国内で注目を集めたそうで、再生回数は230万回(7月15日現在)を突破。視聴した多くのユーザーが彼女の行動を支持する意見を寄せる一方、中には「彼女のメッセージは正しい方法で伝えられていない」と、手厳しく指摘する人もいる。しかし、イワノワさんが見せた思いがけない行動を痛快に感じる人は少なくないはずで、せめて彼女にやられた飼い主の女性が、今後反省して愛犬のフンを片付けるようになると願いたい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.