監視カメラに映る心和む世界、“幸せな気分になる”CMが360万再生突破。

2012/06/19 11:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


店舗や住居だけではなく、近年は治安確保を目的に街の各所に多数設置されている監視カメラ。撮影された人のプライバシー侵害を懸念する声もあるが、犯罪が起きれば確たる証拠になるのはもちろん、あえて意識させることによる防止効果も期待できる利点は大きい。しかし、今日も世界中で働き続ける監視カメラが捉えるのは、何も恐ろしい犯罪ばかりではないようだ。YouTubeに先日、世界中の監視カメラから集めた映像で制作したコカ・コーラ・ラテンアメリカのCM動画が紹介され、さまざまな人たちの心暖まる行動を紹介する内容で注目を集めている。

この動画は、6月11日付でYouTubeに投稿された「Coca Cola Security Cameras」(http://www.youtube.com/watch?v=auNSrt-QOhw)。米情報サイトエージェンシー・スパイによると、動画はコカ・コーラ・ラテンアメリカが制作し、今後南米地域で放映される予定の新CMだという。今回アルゼンチンの投稿者から公開されると、世界の人たちが起こした心が和む行動を集めた内容に欧米メディアが反応し、瞬く間に評判となったようだ。

CMのキャッチフレーズは「ちょっと違う世界を見てみよう」。その意図について同社広告ディレクターのグイド・ロサレスさんは、「世の中では“親切”や“勇敢な行動”が常に身の回りで起きている――という事実に気付かせたかった」と語っている。同社は世界の防犯カメラが捉えた世間の心暖まる映像を集め、見ている人を「幸せな気分にさせる」CMを作り上げたそうだ。

1分半の動画には、そんな素晴らしいシーンをたっぷり凝縮。エレベーターの中で熱烈に抱き合うカップルや、エンストした車を押して、動き出した後笑顔で手を振って見送る男たちなど、見ている側がつい微笑んでしまう瞬間ばかりだ。また、愛や親切といったシーンだけでなく、職場のカメラが捉えたと思われる面白シーンも登場。1人きりの店内でモップ片手に突然ノリノリになる男性などは、本人が撮影されていたと分かったら――と思うと笑いがこみ上げてくる。

このほかにも数々の“世界で起きたほっこり映像”を見せてくれるCM動画。メディアで紹介された6月12日頃から注目度がアップ、19日現在では再生回数が360万回を超えるほどの評判となっている。心が沈むような話題も多く聞かれる昨今、ちょっと元気になりたい人は、この動画をぜひ一度覗いてみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.