マンUのファンは6億5900万人、“世界で最も人気のあるクラブ”に。

2012/05/30 14:18 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界で“最も人気のあるクラブ”は、6億5,900万人のサポーターを持つマンチェスター・ユナイテッド――。大手市場調査会社であるKantar(カンター)社が39か国54,000人を対象に、過去最大規模のサポーターに関する調査を行った結果、“最もサポーター数が多いクラブ”1位にマンUが選ばれた。

Kantar社によると、サッカーは世界中に16億人のサポーターを持つ最も人気のあるスポーツで、国際サッカー連盟(FIFA)による最近の調査でも同様の結果が出ている。そんな人気スポーツの“ファン数”で頂点に立ったのが、マンUというわけだ。同クラブはForbesの調査では、世界のスポーツ界で“最も市場価値が高い”と評価されており、今回の調査結果と合わせ“2冠”を獲得したことになる。

マンUのコマーシャル・ディレクターを務めるリチャード・アーノルド氏は、“世界で最も人気のあるスポーツのなかで最も人気のあるクラブ”となった同クラブについて「ベッカム、バスビー監督、68年度のベンフィカなど、象徴的な選手、チーム、そして実績という伝統の上に築かれてきました。マンチェスター・ユナイテッドの試合は、現在、世界中の11億5,000万世帯に放映され、延べ視聴者数は年間40億人を超えています。マンチェスター・ユナイテッドは世界中のサポーターと共鳴し合っており、サポーターの情熱と熱烈な応援に後押しされ、クラブの全員にとって最も重要なこと、すなわち攻撃的なゲームと、優勝を目指す闘いを続けられています」とコメント。

また、サポーターが増えている要因として「2007年以降のサポーターの増加は、世界各国のメディアとの提携や、ソーシャルメディアを含む新しいアプローチの展開など、サポーターとの繋がりを強める活動と連動しています。各国のメディアとの提携を通じて、世界72か国へ何百万人におよぶ加入者への配信の増加や、2011年2月12日のマンチェスター・シティ戦の決勝ゴールとなったウェイン・ルーニーのオーバーヘッドキックの映像が世界中のソーシャルメディアで話題となったこと、さらに、テレビ視聴者数も昨シーズンとの比較し、延べ20億人から40億人に増加したことなど、各国のサポーターとクラブとの繋がりが急速に強まっていることが明確に示されています」と、対メディア、対ネット戦略について語った。


☆マンUサポーターの世界分布

・アメリカ大陸:7,100万人
・欧州:9,000万人
・中東およびアフリカ:1億7,300万人
・アジア太平洋:3億2,500万人
・中国のみ:1億800万人(中国の全フットボール・サポーターのほぼ半数)

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.