予告編話題の“実写テトリス”、「バトルシップ」風のかっこいいSFに。

2012/05/29 17:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


パズルゲームの金字塔にして、未だ世界中で多くの人に楽しまれているテトリス。シンプルなルールで誰でも手軽に遊べる落ち物ゲームだが、先日YouTubeに実写の“映画予告編”とする動画が登場し、注目を集めている。投稿者の男性たちは本編の製作にも言及していることから、今後の盛り上がり次第で本当に“映画テトリス”を観られる日が来る可能性もある――かもしれない。

この動画は5月24日付でYouTubeに投稿された「TETRIS - OFFICIAL TRAILER」(http://www.youtube.com/watch?v=AhwGEa7507g)。製作したのは投稿者の「Warialasky」こと米ユタ州在住の男性、デイブ・アッカーマンさんらのグループだ。彼らは以前からコメディ動画などを作っては投稿していて、今年1月にも「Lazy Jedi(怠け者ジェダイ)」(http://www.youtube.com/watch?v=1NIlWCj--Vg)と題した動画を製作し、多くのメディアで取り上げられ話題を呼んでいる。

そして今回のテトリス予告編は、俳優の浅野忠信も出演しているハリウッド映画「バトルシップ」を意識して製作したとあって、かっこいいSFアクション映画のような仕上がり。1分半の中身を見る限り、ストーリーは宇宙から無数のテトリスのブロック(テトリミノ)が世界に降り注ぎ、脅威を感じた人間が立ち向かう、といったところのようだ。動画の映像やカット割りはとてもリアルで、パッと見だけなら本当の映画予告編と勘違いしそう。ただしよく見ていくと、落ちて来たT字型ブロックがビルの屋上に合体したり、戦闘機がブロックの攻撃を受けたようで、実は勝手に突っ込んで自爆しているといったあたりは、彼らのユーモアが織り交ぜられている印象だ。

“映画テトリス予告編”の公開に合わせて、彼らは同じ日にメイキング動画「Tetris - Official Trailer (Behind the Scenes)」(http://www.youtube.com/watch?v=RTPOFZ0cik0)も投稿。この中では撮影シーンやCGの作り方などが紹介され、動画の説明には「5日間寝ずに作業を続けて」完成させたという裏話なども明かされている。

彼らのそんな熱意は徐々に形に現れているようで、“テトリス予告編”動画は多くのメディアでも紹介され、再生回数は60万回超(5月29日現在)と反応も上々。ライセンスの問題などには触れていないが、彼らはこの動画が多くの人に見られれば「本気で映画製作に入るつもり」とも宣言しており、今後さらに注目を集めるようであれば、もしかしたら本当に“映画テトリス”が世界で公開(投稿?)される日がやって来るかもしれない。


☆過去にも「実写テトリス」の動画

「テトリスを実写で!」という試みはネットでは以前より行われており、ファンが製作した動画が話題を呼んだことも。例えば2010年にYouTubeで公開されたフランス語の動画「Tetris le Film」(http://www.youtube.com/watch?v=zOD1xe8TIpE)は、空から降ってくるカラフルなテトリミノから、ボディスーツを着た女性がひたすら逃げる――という内容で、日本を含め諸国の多くのメディアで紹介された。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.