BUCK-TICKの野音ライブ生中継、トリビュート盤のジャケ写も公開。

2012/05/27 00:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年25周年を迎え、5月23日には新レーベル第1弾シングル「エリーゼのために」をリリースしたBUCK-TICK。そんな彼らが5月26日、ニコニコ生放送特番「SATURDAY NIGHT B-T SPECIAL Climax Together」に生出演し、6月10日に行われる日比谷野外音楽堂でのライブをニコ生で生中継(※有料)することを発表した。昨年12月29日に行われた武道館公演のニコ生ライブ中継では来場者数が10万人を突破。ロックバンドとしては史上初の快挙となっただけに、今回のライブ生中継も大きな反響を呼びそうだ。

ライブ生中継を見るために必要なチケットは26日に販売スタート。6月24日まで2,000ニコニコポイント(2,000円/税込み)で販売される(http://live.nicovideo.jp/product/BUCK-TICK_at_the_NIGHT_SIDE_2012)。

そして、7月4日にはシングル「MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜」をリリース。「エリーゼのために」と「MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜」の完全生産限定盤、通常盤の初回プレス分には、BUCK-TICK史上初となる嬉しい特典「PV撮影に参加できる応募券」が付いている。ライブ形式でおこなわれるPV撮影現場では、間近でBUCK-TICKの演奏シーンを観ることができるだけでなく、観客としてPVに参加することも。完成したPVは今年リリースされるアルバムの初回限定盤の特典DVDに収録される予定だ。

また、「MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜」のPV Short ver.と、同日発売のBUCK-TICKトリビュートアルバムのジャケット写真が5月27日に公開された。トリビュートのジャケットはBUCK-TICKのメンバーがイラストで描かれているが、これは週刊ヤングジャンプ増刊「ミラクルジャンプ」で連載中の「TIGER & BUNNY」コミカライズのマンガ家・上田宏による描き下ろしだ。長年に渡るBUCK-TICKファンを公言している上田が、BUCK-TICKへのリスペクトを込めて、イラストというかたちでトリビュートアルバムに参加した。

上田は今回のジャケットについて「ネットの片隅でB-T愛を叫んでいたらアレコレありましてBUCK-TICKトリビュートに漫画家として絵で参加ということに……。BUCK-TICKは高校生の頃に聴いた『悪の華』を切っ掛けにずっと聴き続けてきた、間違い無く一番好きだと断言できるバンドです。今回のお話をいただき、個人的に『バクチク現象2012キター!』と大ハッスルです!ジャケットイラストのイメージは天使と悪魔。紅いストールがメンバー5人を繋いでいて、唯一悪魔の翼を持つ櫻井氏の瞳と手にしてる十字架の5つの玉も紅、という部分は意識してみました。個人的に今井氏の左腕リスペクトで義手仕様になってます(笑)」と、BUCK-TICK愛&イラストに込めた想いを語っている。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.