外国では危ないハンドサイン、“絶対に着てはいけない”Tシャツ化も。

2012/05/24 12:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


写真を撮るときに多くの日本人がする“ピース”(Vサイン)のポーズが、ある国では“相手を侮辱する”意味を表しているとしたら――。そんな世界のNGハンドサインがひと目で分かるインフォグラフィックス「外国でやってはいけないハンドサイン」(http://tg.tripadvisor.jp/taboosign/)を、旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人トリップアドバイザーが公開した。

この「外国でやってはいけないハンドサイン」は、全部で12個のハンドサインと、特定の国でそれが表す意味を見やすくまとめたもの。“ピース”が侮辱の意味を示すのはギリシャで、かつて犯罪者に2本指で物を投げたことに由来しているという。

メジャーなところでは“中指を立てる”“親指を立てて下に向ける”などがあるが、例えば“人差し指と親指で○を作る”(オーケーサイン)が「数字のゼロで役に立たないことを匂わす揶揄・侮辱の仕草」になるフランス、“親指を立てる”(グッドサイン)が「性的な表現を由来とする相手を揶揄・侮辱する仕草」になる中東・西アフリカ・南米といった、日本人には気付きにくいハンドサインもあるようだ。

こうしたハンドサインは、インフォグラフィックスのタイトルが示す通り「外国でやってはいけない」のだが、トリップアドバイザーは今回のハンドサインをプリントしたTシャツを制作。「絶対に旅先で着てはいけないTシャツ」として、100人にプレゼントする企画を5月24日より開始した。

同社は企画の狙いについて「日本人の旅行者が、これらのハンドサインが原因で無用なトラブルに遭わないよう、注意喚起することが目的」と説明。「くれぐれも海外旅行に着ていくことのないようお願いします」としている。詳しい応募方法はこのインフォグラフィックスが掲載されているページ(http://tg.tripadvisor.jp/taboosign/)を参照。期間は6月30日まで。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.