卒業式壇上で公開プロポーズ、結婚意識した大学1年時から心待ちに。

2012/05/21 13:59 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


秋から新年度が始まる米国の学校では、5月から6月にかけてが卒業式のシーズン。先日行われたある大学の卒業式では、卒業生たちが大いに沸いたおめでたいハプニングがあったという。1人の女子学生が卒業証書を受け取って歩を進めると、いつの間にか壇上の脇にスタンバイしていた彼氏が目の前に現れ、公開プロポーズを決行したのだ。

米放送局ABC系列WJLA-TVや米放送局NBCワシントンによると、話題を呼んでいるのはアメリカン大学を先日卒業したサラ・クーパーと、同級生で彼氏のサム・ミラーさん。4年前、進学のためにニュージャージー州とインディアナ州からワシントンD.C.に出てきた2人は、大学入学直後に出会い、すぐに意気投合して交際を始めた。特にミラーさんは、交際3か月目には「彼女と人生を共にしたい」と考えていたそうで、早くから結婚を意識。しかし燃え上がる彼は母親から「卒業証書を受け取るまで結婚は待て」と釘を刺され、ずっと卒業式を心待ちにしていたという。

そして5月13日、2人は晴れてアメリカン大学を卒業する日を迎えた。この時を「待ち侘びていた」と話すミラーさんは、「もう1分たりとも待てない」と彼女が卒業証書を受け取った直後にプロポーズを行おうと決心。多くの卒業生たちが居並ぶ前で、公開プロポーズに打って出た。

アメリカン大学は、その時の様子を撮影した動画「Surprise Marriage Proposal - American University Commencement」(http://www.youtube.com/watch?v=eDALGYvXp68)を5月13日付でYouTubeに投稿。証書授与式でクーパーさんの名前が呼ばれると、ステージの脇から何気なくミラーさんが登場し、近くに座っていた教授はあからさまに怪訝な表情を見せている。そんな周囲の状況はお構いなしに、証書を受け取ったばかりの彼女が近づいて来ると、彼は前置きもなく膝をついて、プロポーズの言葉を口にした。

これには集まっていた学生たちから歓声が上がり、彼女が首を縦に振り、彼に抱きつくと式場の雰囲気は最高潮に。怪訝な表情を浮かべていた教授も目の前で起きたおめでたいハプニングに、拍手で応えている。多くの人に祝福され、2人にとって、二重の幸せを手に入れた“最高の卒業式”となった。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.