火山の内部を探検するツアー、アイスランドの旅行会社が期間限定企画。

2012/05/07 04:43 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本と並び、世界有数の火山国として知られるアイスランド。2010年には同国で起きた噴火により、欧州の航空運航に多大な影響を与えたのは記憶に新しいところだ。そんなアイスランドの旅行会社が期間限定のユニークなツアーを企画し、注目を集めている。ツアー参加者が向かうのは、火山の火口内部。「1,000年は噴火しない」とされる火山を訪れる観光ツアーなのだが、参加者はちょっとしたスリルも味わいながら貴重な世界を体験できるという。

英ビジネス紙IBタイムズや米ニュースサイトのハフィントンポストによると、このツアーはアイスランドの旅行会社「3H Travel」が、今年6月15日から7月31日までの期間限定で実施するもの。案内されるのは首都レイキャビクから30キロの場所にあるスリーヌカギガル火山だ。同社のツアーサイトによると、この山は4,000年前に噴火したのを最後に活動が静まっている火山で、現在「地球上で唯一、マグマ溜りに入れる火山」と紹介している。

専門家はスリーヌカギガル火山は少なくとも向こう1,000年は噴火しないと見ており、国立公園にも指定。しかも火口内の温度が平均6度と低いため、マグマ溜りまで行ける環境が整っているという。

その低い気温が考慮され、夏季限定とせざるを得なかった今回のツアー。参加者は火口内部に最高1時間滞在でき、前回の噴火でできたとされる直径4メートルの細長い火口から、設置されたエレベーターで120メートル内部まで入り、今は冷え固まっている柱のようなマグマを観光できる。ほかにガイドと共に周囲を散策するコースも含む6時間程度のツアーとなっており、12歳以上で3万7,000クローナ(約2万4,000円)の費用を払えば、誰でも参加が可能だ。

滅多に見られない様子が楽しめるとあって、「人生で最も驚く経験の1つになるはず」ともアピールされているこの火口内観光ツアー。自然が相手だけに、火山活動も含めて何らかの危険が起きないかはやはり不安になるところだが、旅行会社は「ガイドもずっと付き添い、最大限の安全措置を取る」として、万全の準備を強調している。火口内に広がる地球の息吹の痕跡を見たいと思う人は、ぜひツアーサイト(http://www.insidethevolcano.com/)をチェックしてみてはいかがだろうか。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.