「ドミノ!ピザ!」喋るバイク、静かすぎる電動のエンジン音を“改善”。

2012/04/20 15:14 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


環境対策の観点などから、近年は自動車やバイクなど広く利用されつつある電動車両。ガソリン車より格段に静かなエンジン音が大きな特徴の1つでもあるが、周囲に騒音をもたらさないメリットの一方で、走行中でも静かすぎるため気付かれにくく、歩行者に危険をもたらす可能性も指摘されている。オランダのドミノ・ピザは、そうした欠点を利用したユニークな宅配用の電動バイクを製作。実際に動かしているシーンを撮影した動画が話題を呼んでいるようだ。

この動画はドミノ・ピザ・オランダが4月16日付でYouTubeに投稿した「Domino's Pizza Safe Sound - Menselijk motorgeluid voor elektrische scooter」(http://www.youtube.com/watch?v=n17B_uFF4cA)。登場するのは、ドミノ・ピザのロゴもあしらわれている、一見普通の宅配スクーターだ。しかし、エンジンキーを捻ってアクセルを回すと、このスクーターでしか聞くことがない、独特なエンジン音が発せられる。

音を聞けば、何かがおかしいと感じるであろうスクーターのエンジン音。それもそのはず、登場するスクーターは“人間の声”を録音したエンジン音を発する電動スクーターだからだ。動画ページに書かれた説明によると、ドミノ・ピザ・オランダは宅配に使用する電動スクーターのエンジン音が静かなことによる「交通の安全性」を懸念。そのため静かなエンジン音をあえて「改善」して、人の声でエンジン音を「ブ〜ン」と真似るスクーターを製作したそうだ。

しかも、ただ普通のエンジン音だけにしなかったのがユニークなところ。アクセルを回すと、加速状態の時だけは普通のスクーターのような音を発するものの、合間や停止中などでは、はっきりと「ドミノズ!」「ピザ!」という言葉が聞こえる。このスクーターは人間の声である特徴を活かして、走行中に周囲へバイクの存在を知らせるのはもちろん、面白く宣伝する方法もしっかり盛り込んだ格好だ。

動画の後半では、実際に街中で電動スクーターを走らせるシーンも紹介。店名が聞こえる面白いエンジン音に、周りにいる人たちはこぞって声を上げて笑い出しており、ドミノ・ピザ・オランダの目論見は大成功のようだ。

この動画は英情報サイトやブログ系サイトを中心に紹介されて注目を集めているようで、再生回数は52万回(4月20日現在)を超えて、なおも伸びている状態。きっと笑わずにはいられないおかしな電動バイクのエンジン音を、皆さんもぜひ1度耳にして欲しい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.