芸能人の“ふり”したら騒動に、熱狂した多くの人が写真やサイン求める。

2012/04/12 04:58 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米国のあるショッピングモールで3月31日、多くの人々が喜んだ、ちょっとした騒動が起きた。それは有名映画にも出演したという“男性芸能人”が買い物に訪れたため。その話はTwitterなどを通じてすぐに広まったそうで、女性たちが写真やサインを求めるなど、多くの人が興奮する熱狂ぶりが見られたという。しかし、このとき興奮した人たちは、誰1人としてある重大な事実に気付いていなかった。この“男性芸能人”、実はただの一般人がなりきっただけの架空の有名人といういたずらで、彼に対して起きた熱狂を収めた動画が米国で話題を呼んでいる。

この動画は、YouTubeに4月9日付で投稿された「Celebrity For The Day」(http://www.youtube.com/watch?v=C9Ko6Xfa84w)。動画の主人公にしていたずらの仕掛け人となったのは、バージニア州リッチモンドに住む男性のトーマス・クレイマーさんだ。自分が有名人のふりをしてみたら、果たして「周囲を信じ込ませ、騒動を起こせるだろうか」(米放送局NBC系列WWBT-TVより)と考えた彼。そこで、協力してくれる友人たちを引き連れ、ショッピングモール「マッカーサーセンター」で実験を行った。

その一部始終をiPhoneで撮影したのが今回投稿された動画。彼はカメラマン役やマネージャー役、見つけて騒ぐ人役など9人の協力者を用意して、いたずらを実行した。すると、モールに入った時点で、早くも協力者の数以上の女性が彼を歓迎。ハグをしたり写真を一緒に撮ったりと、彼のミッションは順調な滑り出しを見せた。

そしてその熱狂ぶりは、周囲で様子を見ていた人の口コミやTwitterなどを通じて、アッという間にモール内にいた人たちへと伝播。おかげで、いたずらを始めてからわずか2分足らずにして、彼は大勢に取り囲まれるようになったという。それから間もなく、彼の前にショッピングモールの警備員が登場。これで「追い出される」と思った本人の予想に反し、この警備員は彼の護衛を申し出て、モール側も彼が有名人と騙されたようだ。これで完全に有名人となりきったクレイマーさんは、多くの人からサインを求められ、女性たちから大きな歓声を浴びながら悠々とモール内を歩き周った。

こうして「『スパイダーマン』にも出演したトーマス・エリオット」という設定の芸能人になった彼は、一時の有名人気分を満喫。周囲のあまりの騙されようには、騙したクレイマーさん自身も驚いたようで、中には「大好きな俳優の1人」「あなたの映画を全部見た」と声を掛けてくる人もいたという。ただ、「何で有名になったのか」と直接聞いて来る人は誰もおらず、ほとんどの人が周りの噂を鵜呑みにしていたようだ。きっと、このとき「トーマス・エリオットに会えた」と喜んだ人たちは皆、このネタばらし動画を見てガッカリしているに違いない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.