PC&スマホに「鬼武者」の新作、カプコンのブラウザゲーム参入第1弾。

2012/03/09 15:27 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


カプコンは3月9日、人気シリーズ「鬼武者」の最新作「鬼武者 Soul」を、6月28日よりパソコンおよびスマートフォンで配信すると発表した。同社のブラウザゲームはこれが第1弾。

「鬼武者」シリーズは、戦国時代を舞台に青年剣士が敵を倒し、謎を解きながら進んでいく戦国サバイバルアクションゲーム。2001年にプレイステーション2向けに発売された「鬼武者」は同ハード初のミリオンセールスを達成したほか、現在までのシリーズ累計販売本数は790万本(2011年12月末時点)を誇る人気タイトルだ。近年は「鬼武者3」「新鬼武者」と、パチスロ機を舞台にヒットを続けている。

今回登場する「鬼武者 Soul」は、「鬼武者」シリーズに登場するキャラクターをもとにした戦国シミュレーションRPG。プレイヤーは戦国大名の1人となり、内政による自国の発展や武将の育成、他のプレイヤーとの合戦を行うほか、「鬼武者Soul」独自のストーリーも楽しめる。

また、ブラウザゲームならではの「ゲームデータのダウンロードやインストールをせずに遊べる」手軽さに加え、47都道府県に分かれての同県プレイヤーとの様々な協力プレイや、他県プレイヤーとの合戦など、従来にない独自のコミュニティ・ソーシャル要素を搭載。さらに開発エンジンに「Unity3D」を導入することで、従来のブラウザゲームとは一線を画す美麗なグラフィックを実現した。

なお、公式サイト(http://www.oni-soul.jp/)もすでにオープン。400人以上登場する武将の一部として、長宗我部元親、大内義興、九鬼嘉隆、May'n(メイン)のビジュアルや、世界観の概略を閲覧可能だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.