LTEに対応した新型「iPad」発表、従来よりディスプレイが高精細化。

2012/03/08 05:14 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米アップルは3月7日(日本時間8日)、新型の「iPad」を発表した。従来のモデルに比べディスプレイが高精細化(1,024×768ピクセル、解像度132ppi→2,048×1,536ピクセル、解像度264ppi)したほか、高速通信規格の「LTE」に対応したのが大きな特徴だ。名称は噂された「iPad 3」や「iPad HD」ではなく、シンプルに「iPad」となっている。

今回発表された新「iPad」の主なスペックは次の通り。

・Retinaディスプレイ
・IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)クリアワイドスクリーン
・マルチタッチディスプレイ(LEDバックライト付き)
・2,048×1,536ピクセル、解像度264ppi
・省電力デュアルコアApple A5X SoC(System on a Chip)
・クアッドコアグラフィックス
・5メガピクセルiSightカメラ
・オートフォーカス
・HD(1080p)ビデオ撮影、毎秒最大30フレーム、オーディオ入り
・ビデオの手ぶれ補正
・Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
・携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
・Wi-Fi(802.11a/b/g/n)
・Bluetooth 4.0
・音声入力のサポート:英語、フランス語、ドイツ語、日本語
・高さ241.2ミリ×幅185.7ミリ×厚さ9.4ミリ
・重量652グラム(Wi-Fiモデル)、662グラム(Wi-Fi+4Gモデル)

なお、日本における通信キャリアは従来通りソフトバンクモバイルで、発売は3月16日から。価格はWi-Fi 16GBモデルが42,800円、32GBモデルが50,800円、64GBモデルが58,800円。Wi-Fi+4G 16GBモデルが53,800円、32GBモデルが61,800円、64GBモデルが69,800円。

「iPad 2」も継続販売され、こちらはWi-Fi 16GBモデルが34,800円、Wi-Fi+3G 16GBモデルが45,800円。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.