59秒で世界を魅了した8歳少女、ヘヴィメタPVが3日間で1,000万回再生。

2012/01/23 06:06 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


重々しい音とリズムが特徴的なへヴィーメタルを、かわいらしい少女が歌う動画が、いま大ブレイクしている。1月19日にYouTubeに投稿されてからわずか3日目で再生回数が1,000万回を突破。さらにその勢いは加速している状況だ。

この動画「'My First Hardcore Song' by 8yr old Juliet OFFICIAL」(http://www.youtube.com/watch?v=uU6U-8LP1DY)でパフォーマンスを見せてくれるのは、豪クイーンズランド州ブリスベンの小学校に通う8歳の少女、ジュリエットちゃん。豪ニュースサイトNinemsnや豪紙ヘラルド・サンなどによると、このヘヴィメタの楽曲はミュージシャンの父スティーブンさんの友人で、同じくミュージシャンのロブ・シャープさんが制作した。動画は彼女がこの曲を歌っている様子をPVのように撮影し、投稿したものだ。

迫力あるギターとドラムの音から始まるイントロに続いて歌い出したジュリエットちゃんの声は、ヘヴィメタのボーカルとは思えないかわいらしい印象。さらに「私の名前はジュリエット」という歌い出しがヘヴィメタらしからぬキャッチーさで、音とのギャップが面白い仕上がりだ。しかし、カメラを睨みつけるような力のある表情や、怒りを吐き出すかのように歌う姿などは、まさにヘヴィメタのボーカリストそのものとも言える。

また、木の上やトランポリンといった、子どもらしい遊び場のシーンも曲に合わせて上手く挿入。トランポリンで飛び跳ねる姿を縦乗りに合わせて入れるなど、絶妙なカメラワークも動画の完成度を高めている。動画は59秒、曲自体も51秒と短いため、普段あまりヘヴィメタを聴かない人でも、軽い気持ちで聴くにはちょうど良い具合だ。

そうしたこともあってか、投稿から間もなく米ロックバンドのパラモアや「へヴィーメタル雑誌のサイト」で注目され、そこから瞬く間に数多くの欧米メディアが紹介。投稿からわずか3日目の1月22日には、再生回数が1,000万回を突破した。世界中から注目されたジュリエットちゃんのもとには、現在多くの取材依頼が舞い込んでいるそうで、母クリスティーナさんによると、すでに多くの放送局から電子メールが届き「電話もずっと鳴りっぱなし」の状態とのことだ。

8歳にして、数日間で世界から注目される有名人となったジュリエットちゃん。この大きな反応を受けてFacebookには彼女の公式ページが作られたほか、iTunes Storeでの楽曲販売もスタートしている(※日本からも購入可能)。YouTubeにはほかにも彼女の日常が捉えられたさまざまな動画があり、それらからは8歳らしい彼女の姿も。力強いヘヴィメタ動画と合わせて、彼女の魅力に触れてみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.