“怠け者ジェダイ”朝の一コマ、寝ぼけ眼でフォースを操るさえない男。

2012/01/19 01:45 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェダイと言えば、映画「スター・ウォーズ」シリーズでライトセーバーを手に、フォースと呼ばれるエネルギーを操り、銀河系の平和を守るために戦う騎士たちのこと。映画の中では正義のヒーローとして活躍するジェダイではあるが、もし普通の生活を送っているところを見たらこんなシーンもあり得るのかも――そう思わせてくれるコメディ動画が、いま注目を集めている。

この動画は1月11日付でYouTubeに投稿された「Lazy Jedi」(http://www.youtube.com/watch?v=1NIlWCj--Vg)。日本語に訳すと「怠け者ジェダイ」という動画を制作したのは、YouTubeへのコメディ動画投稿を続けているユタ州の男性、デイブ・アッカーマンさん(30歳)だ。

始まりは、うつ伏せの状態で力無くベッドに横たわる“マスター・デイブ”の起床シーン。携帯電話のアラームが作動したのはすでにお昼間近の11時半なのだが、マスター・デイブはなかなか起き上がることができない、文字通りの“怠け者ジェダイ”だ。そうは言っても、フォースをいつでも操れるのがジェダイたるもの。この“怠け者ジェダイ”は、そのフォースを平和のためではなく、自らの睡眠を妨げる携帯電話を弾き飛ばすために使ってしまう。

やっと起きたマスター・デイブは、この後も自分のためにフォースを使いたい放題。キッチンへとやって来れば、冷蔵庫や戸棚を開けるのもフォース、頭を軽く振ってシリアルの箱を呼び寄せてみれば力加減を間違えたのか箱が頭にぶつかる始末で、直接自分の手を使ったのは牛乳ボトルのキャップを開けたくらいだ。そんなマスター・デイブだから、その後もフォースに頼って行動するだけで自分の体はほとんど動かさず。ただただ、寝ぼけ眼で朝の生活を送る“怠け者ジェダイ”なのである。

YouTubeにはほかにも「Lazy Jedi」という動画がいくつか投稿されているが、アッカーマンさんの作品はその中でも特に評判となっている様子。米放送局CBSや米ニュースサイトのハフィントンポストといった大手メディアにも紹介され、再生回数は50万回(1月19日現在)を超えている。コメント欄には「面白い」と単純に楽しむ人から「君はもっとフォースの使い方を学ぶべきだな」「これが現実だとは思わない」と意見する人の書き込みが並び、さまざまな意味でマスター・デイブの世界に惹き込まれているようだ。

映画では決して見られないであろう人間くさ過ぎるジェダイ。皆さんもぜひ一度、ご覧になってみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.