“マルモリコンビ”でモテ新曲、「サトウの切り餅」CMの福島和可菜歌う。

2012/01/04 06:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


陸上自衛官出身で、年末年始に頻繁にオンエアされた「サトウの切り餅」のCMに出演しているタレントの福島和可菜が、ぶりっこと巨漢のアラサー漫才コンビ“ぷち観音”とユニット「福島和可菜feat.ぷち観音」を組み、CMでおなじみの「モッチモチ〜」のフレーズを大胆に取り入れた新曲「モチモチ・モテモテ」を発売することがわかった。CDリリースは2012年4月からを予定、配信は1月4日からスタートする。

今回、楽しくコミカルな歌詞とメロディを作ろうということで選ばれたのが、2011年の日本を最も明るくしてくれた楽曲「マル・マル・モリ・モリ!」の作詞・作曲で脚光を浴びた宮下浩司氏。プロデューサーからオファーを受けた宮下氏はこれを快諾し、すぐに楽曲の制作に入った。

そしてレコーディングを経て出来上がった曲に「女子会などでみんなが踊れる面白い振付をつけたい!」との福島の発案から、最近本人も注目していた振付師の濱田“Peco”美和子氏に振付を依頼したところ、こちらも快諾。奇しくもここに、宮下&Pecoの「マルモリ・コンビ」が再集結することとなった。

今回の曲について福島は「覚えやすく、1度聴いたら離れないメロディーに、お茶目で可愛い詞! 作詞・作曲、さらには振り付けも、今回はあの!!マルモリを手掛けた宮下浩司先生&濱田“Peco”美和子先生が参加して下さいました!歌って踊ればどんなに辛い時も元気になれる事間違いナシ!マルモリのように……たくさんの方々に覚えていただきたいです♪これでアナタもモチモチ・モテモテっと♪」とコメント。

また、作詞・作曲の宮下氏は「『モチモチ・モテモテ』は恋愛の最も根本的な部分『どうしたらモテるのか、モテないのか』をコンセプトに女性の観点からみて書きました。福島さんは美声の持ち主でとても歌心がありました。ぷち観音のお二人、特に安藤さんはとても緊張気味で棒立ち……それをフォローする松原さん。そんなレコーディング現場がそのまま作品にパッケージされております」、振付の濱田氏は「『モチモチ』で“お餅が伸びるイメージ”や、モテモテで“パワーを自分に向けて女子力UP!”“わたしが1番!”などを振り付けで表現してみました。宴会などで、みなさんに楽しく踊って頂けたら嬉しいです」と、この曲のポイントを挙げている。

なお、YouTube(http://www.youtube.com/watch?v=KqDDvOu7O84)ほか動画サイトでは、本日よりこの曲のミュージックビデオ振付versionを公開中だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.